Landplan
ランドプラン

全邸明るい南東向き、
心潤うランドプラン

Landscape

暮らしやすさへのこだわりを込めた
プランニング

「ジオ阪急水無瀬ハートスクエア」は、ワイドな敷地形状を効果的に活かし、
快適な環境創造をめざして全邸明るい南東向きの配棟を実現しました。
前面道路からの距離を十分に確保することで平面駐車場をゆったりレイアウト。
敷地中央に配置した住棟に高い開放性が実現するとともに、暮らしやすさが考慮されたプランニングです。

「ジオ阪急水無瀬ハートスクエア」

カーアプローチ完成予想図カーアプローチ完成予想図

CARRIAGE PORCH
CARRIAGE PORCH

マイカーライフを、
快適に、便利に。

車の出入庫にスムーズな
平面駐車場を183台分ご用意。

「ジオ阪急水無瀬ハートスクエア」では、マイカーをご利用の方が豊かなカーライフをお過ごしいただくように配慮しています。駐車スペース271台(来客用4台含む)を確保し、内スムーズに駐車できる平面駐車スペースを183台分ご用意。また、電気自動車をご利用の方に便利な充電設備の確保、さらに不審な車両の進入や利便性に配慮したチェーンゲート(ETC連動型)を採用するなど、安心で快適なカーライフをサポートします。

ここに住むステータスを日々感じる、
気品高い車寄せ。

マイカーでの送り迎えは、ご家族が安心して待つホテルライクな車寄せへ。敷地東側に配した車寄せは、歩車分離の動線計画で安心してご利用いただけるとともに、大きな庇の下で雨の日も濡れることなく乗降できます。空間は、エントランスと統一感を持たせたボーダーラインの柱で気品高くまとめるとともに、竹をイメージした外観のマテリアルが相まって豊かな表情を創出。日常の風景さえも、ドラマティックに演出します。

マイカーライフを、快適に、便利に。

Design

Landmark
Design

喜び広がる街のランドマーク。

外観完成予想図(北西側)外観完成予想図(北西側)

外観完成予想図(南東側)外観完成予想図(南東側)

森と水をデザインで表現、
街のランドマークへ。

総戸数315邸、14階建て、阪急京都線沿線でジオ最大級※1のレジデンスとなる「ジオ阪急水無瀬ハートスクエア」。
いつまでも、街のランドマークとして輝き続けることを願い、
外観デザインは、北西に北摂山系を、南東に淀川水系を抱いた、
自然豊かな街の環境に優しく調和するよう創造しました。
竹林をイメージしたマリオンにより、しなやかでスタイリッシュな垂直ラインを表すとともに、
滝をイメージした2種類のガラスにより、動きのある表情を創出。
堂々とした風格の中に、リズム感のあるデザインにまとめました。

北西側からの景観にも
配慮したデザイン。

「ジオ阪急水無瀬ハートスクエア」は、表の顔となる南東側だけではなく、北西側からの景観にもこだわりました。建物北西面には、垂直ラインに位置するエレベーターや階段といった部分をタイルによる飾り壁で統一感を図り、上質な印象を創出。また、水平ラインとなる廊下部分にはデザインされたルーバー手摺を採用。これは、ルーバーをランダムに組み合わせることで味わい深い表情を生み出すもので、街のランドマークとなる景観を意識しました。

  • 2種類のガラス手摺り

    2種類のガラス手摺り

  • ランダムルーバー

    ランダムルーバー

Welcome
Park

緑の潤いに導かれる、爽やかな空間。

ウェルカムパーク完成予想図ウェルカムパーク完成予想図

豊かな緑が迎える、
上質のエントランスアプローチ。

エントランスアプローチは、訪れるたびに新鮮な感動を呼び、
心を癒されながらご自宅へ向かっていただけるようドラマティックに表現しました。
一歩足を踏み入れると、奥行きが感じられる、曲線を描く緑豊かな空間へ。
大らかなクスノキのゲートツリーに迎えられ、多様な樹種やレストスペースが憩いと潤いを与えます。
また、夜は照明の効果で樹々が優しく照らされ、心温まる迎賓の空間を演出します。

水無瀬の生態系や気候風土を
考慮した豊かな植栽を計画。

都市の中に位置しながら、心潤う人生を描いていただくため、多様な種類で構成される植栽は、水無瀬の気候風土や自然とのつながりを考慮した樹種を選定し、コーディネートしました。島本町の木であるクスノキや島本町の花であるヤマブキをはじめ、シラカシ、イロハモミジなどの中高木類から、ヒラドツツジやフイリアオキなどの低木類まで彩り豊かに配しました。季節ごとに表情が変化し、心を癒してくれる環境です。

左上)エゴノキ、中上)シマトネリコ、右上)サツキ、左下)ガクアジサイ、中下)ヤマブキ、右下)ヒラドツツジ

左上)エゴノキ、中上)シマトネリコ、右上)サツキ、左下)ガクアジサイ、中下)ヤマブキ、右下)ヒラドツツジ

左)ハナミズキ、中)クスノキ、右)イロハモミジ

左)ハナミズキ、中)クスノキ、右)イロハモミジ

Grand
Entrance

訪れる人の心を包む、堂々とした構え。

グランドエントランス完成予想図グランドエントランス完成予想図

住まいの顔としてお迎えする、
重厚なグランドエントランス。

ウェルカムパークの先には、風格に満ちたグランドエントランス。訪れる人の気持ちを包み込むように、
屋根には大きく重厚感のあるブラックカラーの庇が構えています。
庇をどっしりと支える柱面は、白を基調としたしなやかな印象とともに、
ボーダーラインのデザインが上質感を醸し出し、庇とのコントラストを形成することによって
ランドマーク・レジデンスとしての洗練された存在感を表しています。

ひとつひとつを吟味し、
丁寧にしつらえた気品高いマテリアル。

グランドエントランスは、レジデンスの誇りを表すだけでなく、時を重ねるほどに味わいが増すよう考慮しました。壁面にはエントランスホールへと連動する積層感のあるホワイトボーダータイルを採用。上質なデザイン性だけではなく、素材の色合い、質感にこだわり、ひとつひとつ吟味・厳選したものだけを採用しています。

  • 外壁マリオン

    外壁マリオン

  • エントランス外壁

    エントランス外壁

  • 外壁タイル

    外壁タイル

※掲載の完成予想図は、設計段階の図面を基に描いたもので、外観の細部・設備機器を一部省略しています。また、建物の形状・仕様・色調・植栽等は、行政官庁の指導および施工上の都合等により変更になる場合がございます。描かれている植栽は予定種の成長後のイメージを基に描いており、特定の季節やご入居時の状態を想定して描いたものではありません。あらかじめご了承ください。

※掲載の敷地配置図イメージイラストは設計図書の図面を基に描いたもので行政官庁の指導及び施工上の都合等により変更になる場合がございます。細部、設備機器等を一部省略しており、建物の形状、植栽、色調、仕上げ等は実際とは異なります。

※掲載の建物素材写真は質感・色調等が実際とは異なります。あらかじめご了承ください。

※掲載のイメージイラストは、模式図のため実際とは異なります。また、掲載の植栽写真はイメージで実際とは異なります。

© Hankyu Hanshin Properties Corp.