クオリティ|ジオ神戸中山手通

QUALITY

〈ジオ〉の品質管理

ジオチェック プラス

阪急阪神不動産では
独自の品質管理システムを設け、
企画・設計・工事計画・工事・竣工に至る
5つのステップにわたりこだわりをもって
品質管理に取り組んでいます。

設計者、工事施工者、
工事監理者等の役割分担

  • 設計者

    設計者は、建築工事に必要な情報が記載されている設計図面を作成する役割を担っています。一定の建築物の設計は有資格者である建築士の独占業務であり、この設計者の作成する設計図面に基づいて、工事や工事監理が行われています。

  • 工事施工者

    工事施工者は、工事請負契約書に定められた工期と金額で、設計図面どおりの建築物の工事を実施する役割を担っています。また、施工管理者として、施工の品質、工程の進捗状況、各専門業者の管理等を行います。

  • 工事監理者

    工事監理者は、設計図面どおりに工事が行われているかを確認し、不具合の発生を未然に防ぐ重要な役割を担っています。一定の建築物の工事監理は有資格者である建築士の独占業務であり、設計者が担当することもあります。

  • 第三者検査機関

    第三者検査機関とは、行政または民間の指定確認検査機関、および指定住宅性能評価機関を示しています。設計図面の段階で「建築確認」「設計住宅性能評価」、工事の段階で「中間検査」「完了検査」「建設住宅性能評価」を実施します。

〈ジオ〉の商品企画

ジオフィット プラス

〈ジオ〉の暮らしが特別なのは、
〈ジオ〉に住む人をはじめ、多くのお客様の声が活きているからです。
この、たくさんの声をカタチにしていくプロジェクトが、〈ジオフィット プラス〉。

  • 当社では、2000年から、入居者を対象に、住まいに関するアンケートを行っています。

    入居者アンケート

    入居者アンケート

  • 生活者視点、ユーザー視点の様々なアイデアをカタチにするために、商品開発に取り組みます。

  • 複数の試作品を展示する、検証ラボ〈ジオフィットプラスラボ〉で、当社の会員モニターの意見を聞きながら、試作品の検証をしていきます。

    ジオフィット プラス ラボ

    ジオフィット プラス ラボ

  • 入居者の声やモニター活動、試作品での検証から浮かびあがってきた問題点・改善点を集約し、分析。

  • 様々な検証を経て、新たに開発された商品を〈ジオ〉に採用。この〈ジオ〉の入居者の声を集め、さらに改良を加えます。

〈ジオフィット プラス〉は、
快適な暮らしを続けていただけるように、
4つの視点で暮らしを見つめ、
お客様の声に応えていきます。

  • ジオフィット プラス デイズ

    ─ 住まいの基準 ─

    暮らしをもっと快適に、便利にしたいという声にこたえるのが、〈ジオフィット プラス デイズ〉。多くの声やアイデアをカタチにしている〈ジオ〉での暮らしは、うれしい便利がたくさん。納得の住み心地を日々実感してください。

  • ジオフィット プラス エイジ

    ─ ユニバーサルデザイン ─

    暮らしが変化しても、いつまでも快適に住み続けたいという想いにこたえるのが、〈ジオフィット プラス エイジ〉。5年先、10年先、30年先でも理想の暮らしができる住まい。どのライフステージでもいちばん快適な暮らしができる住まいをお届けします。

  • ジオフィット プラス エコ

    ─ 環境配慮 ─

    無理をせず、でもきちんと環境に配慮しながら暮らしたいという想いにこたえるのが、〈ジオフィット プラス エコ〉。〈ジオ〉には、住まいのことからまちのことまで考えたエコのための技術や取り組みが、豊富にそろっています。半歩先いくこれからのエコな暮らしが、〈ジオ〉に住まうだけで実現できます。

  • ジオフィット プラス ソナエ

    ─ 防災対策 ─

    もしものときに、大きな安心をお届けするのが、〈ジオフィット プラス ソナエ〉。被害を最小限にする建物構造や設備だけではなく、災害時の不安をお客様にお聞きして採用した、被災後に役立つ備えも充実しています。〈ジオ〉は、もしものとき頼れる住まいを目指します。

ジオ シェア スタイル

幅広い世代と多様なライフスタイルの居住者が集まる「ジオ神戸中山手通」において、
集まって住むことの良さを感じていただけるようなシェアリングサービスを提供いたします。
※使用にあたっては、一部有料となるものがございます。

シェアリング物品一例

※掲載のイラストはイメージであり、実際の物品とは色・形状などが異なります。