geo tokyo intelligent hills

江戸の安息地

文京区は、都心のなかでもやすらぎに包まれる
邸宅地として形成されてきた場所である。
江戸時代、徳川家康により江戸城下の開発が進むと、
水戸徳川家屋敷をはじめ、家康の生母である
於大の方が埋葬された伝通院など、
この地には武家屋敷や寺社が建ち並んだ。
明治時代に入ると、武家地は
小石川御薬園跡地の小石川植物園や、
柳沢吉保下屋敷大名庭園跡地の六義園に変わるなど、
緑豊かで落ち着きある邸宅地が広がるエリアとして、
現在の文京区の礎を築いたのである。

文豪ゆかりの杜

文京区は、わが国を代表する文人たちが
居を構えた区として知られている。
明治維新後は、近代国家へと発展する
日本の礎となった多くの教育機関が建学。
「文の京」という性質から命名された文京区には、
江戸の昌平坂学問所に起源を持つ筑波大学や
お茶の水女子大学をはじめ、
旧くから学舎を構える教育機関が多い。
近代文学発祥の地として、
森鴎外、夏目漱石、樋口一葉、石川啄木など、
文学史上に名を連ねる文人たちが
この地で傑作を記したのである。

邸の誇り

文京区は、歴史ある文教施設や
大きな庭園を有する高台の邸宅地として
いつの時代にも人々の羨望を集め続けている。
江戸時代から続く山の手の由緒ある邸宅地のなかでも、
山手線の内側となる文京区の高台には、
譜代大名や旗本、御家人の屋敷が続いていた。
周辺には桜並木で有名な播磨坂や
南面傾斜地で陽当たりと眺めがいい安藤坂など、
歴史と緑を湛える坂道が点在している。

地を継ぎ、
知を紡ぐ、
文京の丘。

文京区の知性と
阪急阪神不動産の知性が出会い、
新たな邸宅文化の風を吹き込みます。

阪急阪神の街づくりへの飽くなき追求は、
暮らしの基盤となる土地を選りすぐり、
その地に相応しい価値ある邸宅を築くこと。
時の流れに風化しない、真に価値ある街をつくること。
このふたつの想いが重なり
新たな街と住まいの価値を創出するのが、
「品と質。その、頂へ。」のメッセージを掲げる
阪急阪神不動産のマンションブランド〈ジオ〉。
いま、文の京として住み継がれ
この国の知性を育んできた文京区のなかでも
人々に愛される高台の邸宅地と、
都市生活と住まいの在り方を見つめ続け
良質な生活舞台を築いてきた
阪急阪神不動産の知性が出会い、
いつまでも色褪せない輝きを放てる邸宅文化を紡ぎます。

GEO TOKYO
INTELLIGENT HILLS