DESIGN
静謐を抱く低層の館。
ルーフバルコニー完成予想CG
多くの植栽が豊かな潤いを湛える
敷地の西側には公園が隣接。
大名庭園の面影を色濃く残す広大な「小石川植物園」をはじめ、都心でありながら美しい日本の四季を身近で味わえるのもこの地の魅力である。開放的な二方角地に位置する「ジオ文京春日」の敷地内には、季節の移り変わりを愉しめる花木を植樹。隣接した公園の緑と共に、高台の邸宅地に潤い豊かな景観を創出する。
1階住戸には爽やかな風を感じ、寛ぎを演出する専用テラスを設置。
タイル貼りの専用テラスのある1階住戸。外気を暮らしにとり込める心地よいスペースは、ガーデニングでハーブを育てたり、デッキチェアを置いて読書に浸るなど、家族一人ひとりが思い思いに過ごせる。
テラスイメージイラスト
敷地配置イラスト
自然を慈しむ迎賓の間。
石貼りの趣あるエントランスプローチや
水景を愉しめるエントランスホールを配置。
エントランスホール完成予想CG
内廊下完成予想CG
静寂性とプライバシー性に優れた
ホテルのような内廊下設計。
各階のエレベーターから各住戸の玄関までは、ホテルライクな内廊下を採用。居室の窓が面しないためプライバシーを確保。質感の高いカーペットを敷き詰め、さらに各住戸の玄関前は石貼りとした気品あふれる空間は、雨の日でも濡れずに歩ける快適さも備えている。
手作りによる特注タイルをあしらった気品ある外観。
都心でも永い歴史に彩られた邸宅地・春日に誕生するレジデンスだからこそ、その一つひとつの素材にも、この地にふさわしい品格を追求している。主要な外観材に使用した特注タイルは、表面に手作業による加工を施し、やわらかい雰囲気に仕上げて街並に穏やかに融け込む質感を演出している。
マテリアル
喧騒から護られし丘。
GEO TOKYO
INTELLIGENT HILLS
地を継ぎ、知を紡ぐ、文京の丘。