POLICYのトップへ戻る

メイン写真

geo

「品と質」に徹底してこだわり、
 <ジオ>の価値を支えています。

物件の品質を確保すると共に、
そこに住まうお客様の暮らしをサポート。

首都圏マンション品質管理部 長岡正行

所属部署名は2018年3月時点での情報となります

メイン写真

物件の品質を確保すると共に、そこに
住まうお客様の暮らしをサポート。

設計にはじまり、基礎・躯体工事、建築・設備・外構工事、最後の竣工検査まで、マンションが完成するまでには、多くの人や会社が携わり、膨大な作業が積み重ねられています。

首都圏マンション品質管理部では、それらの工程の中で幾重にもわたる厳重なチェックと検査を行うことで、<ジオ>にふさわしいクオリティを確保しています。

1,500項目以上もあるチェックリストをはじめとした、当社独自の「品質基準書」によって細部まで基準が定められ、<ジオ>ならではの「品と質」が追求されています。

マンションをお引渡しした後は、アフターサービスによる暮らしのサポートも行っており、内装や設備機器等の不具合から機器の取扱いやお手入れまで、幅広いご相談に対応しています。

また、アフターサービスに寄せられる事例は、設計や商品企画に関係する各所に伝えたり、定期的に改訂される「品質基準書」に反映させたりすることで、お客様の声をさらなる品質向上に生かしています。

メイン写真

より迅速で細やかなサービスを
目指して、「ハウスケア」を実施。

品質管理は、住まいづくりにおいて安心・安全を確かなものとする重要な役割を担っています。責任は大きいですが、見える部分はもちろん完成後に見えなくなる部分までどのように建てられているのか、全てを把握できることがこの仕事の醍醐味です。

目に見える部分はもちろん、隠れてしまう部分まで、現場に幾度となく足を運び、実際に自分の目で確かめ、徹底した確認を行っています。

一方、アフターサービスでは、主に電話による問合せを承っています。近畿圏のお客様からは、修繕だけではなく設備機器の取扱い方法やメンテナンスについても、日々多くの質問が寄せられているのに対して、首都圏ではそういった問合せが比較的少ない状況です。

メイン写真

より迅速で細やかなサービスを
目指して、「ハウスケア」を実施。

そこで、私たちの方から〈ジオ〉のご入居者様に直接お会いしてお話を聞く機会を設けたいと考え、一部首都圏の物件で、初回定期点検時に当社アフターサービス担当者が同行し、ご入居者様をご訪問してお住まいの中でのお困りごとの解決方法やお手入方法を説明させていただくという「ハウスケア」というサービスを実施しました。

「電話して聞くほどではないけれど…」という、キッチンやバスルームの使い方・日々のお掃除のコツなどのご案内が想像以上に喜んでいただける結果となりました。

「ハウスケア」で直接お会いする機会を設け、私たちの顔を見知っていただいたことで、「次からもっと気軽に相談できる」という安心感にもつながったようです。

また、私たちアフターサービス担当者にとっても、お客様が喜ばれる様子を目の当たりにすることは、さらなるサービス向上への意識を高めてくれる貴重な経験となりました。

メイン写真

<ジオ>を知り尽くす
プロフェッショナルが
手厚いサポートをお届けします。

目に見える部分だけでなく、目に見えない部分まで、全ての「品と質」を追求するのが<ジオ>ならではのこだわりです。

品質管理とアフターサービスを同部門で管理している首都圏ならではの体制を生かし、お客様に長く快適に住んでいただくために、厳重な確認・検査を経た品質管理を行いつつ、<ジオ>を知り尽くした物件のプロフェッショナルとして、細部にまで行き届いた、万全のアフターサービスの提供に取り組んでいきます。

阪急阪神不動産 <ジオ>のご紹介 阪急阪神不動産 <ジオ>のご紹介