Loading...

ジオ池田城南レジデンス

design
デザイン

外観完成予想イメージCG
外観完成予想イメージCG
景つなぐ

時を経ても
色褪せない美しさ。

池田の新たなランドマーク邸宅に求めたのは、
シンプルでありながら洗練が薫りたつ造形美。
そして、風光明媚な五月山と見事に調和する景観美。

ARCHITECTURE

池田の地に生まれ、
世紀を超える「ジオ」の邸宅思想。

「ジオ」の住まいづくりの礎は池田にあります。1910年(明治43年)に誕生した「池田室町住宅地」。
立地も、住宅の品質やデザインも、そこで育まれるライフスタイルも、 そのすべてに創意工夫を凝らし、配慮を行き届かせることで豊かな暮らしを願う人びとの憧れを満たす。 時代に先駆けたその邸宅思想はそれからも、池田に幾つもの上質な生活文化を育みながら「ジオ」に脈々と受け継がれてきました。
そして今、池田を舞台に新たな邸宅の創造が始まります。

住まう方はもちろん、
街の人にも誇らしいランドマークへ。

「ジオ池田城南レジデンス」の舞台は、池田市役所や阪急「池田」駅を身近に置く城南一丁目。 池田の日常を豊かに彩る都市機能を享受するこの地は、一年を通して美しい姿を見せる池田の象徴・五月山を背景として、街へおおらかに開かれることで古くから多くの人に親しまれてきた場所です。 そんなシンボリックな地を得て誕生する新たな「ジオ」が目指したもの。それは、住まう方はもとより池田の街と人にも美しく、誇らしい存在であり続けるランドマーク邸宅の創造でした。
そして今、池田を舞台に新たな邸宅の創造が始まります。

外観完成予想CG
外観完成予想CG

池田の街に響きあい、末永く美しく、誇らしく。

巡る季節の中で趣きを増し、
上質な暮らしを育む永住邸宅。

誰もが永く愛せる佇まい」を建築コンセプトに次の三つのミッションに取り組みました。 一つは、時を重ねるほどに風合いを増す外観の創出。二つ目は、池田ゆかりの花木で四季の彩りを描いたランドスケープデザイン。
そして豊かな暮らしを末永く支える、時代を先取りした創意工夫や配慮。
この三つを実現することで、新たな「ジオ」が上質な生活文化を育み、池田に生まれた邸宅思想を次代に引き継ぐ存在となれば、こんなに嬉しいことはありません。

  • imagephoto
  • imagephoto
  • imagephoto

image photo

株式会社 IAOプランニング&デザイン
執行役員 マネージャー/一級建築士

寺井 智哉

TOMOYA TERAI

私たちIAOPLANNING&DESIGNは、昨今の多様化・高度化する社会的なニーズとイシューに対して、「企画」に特化した「プランニング」セクションと、それらを俯瞰視したグランド・デザインを進める「デザイン」セクションに特化し、建築を基本に都市計画など、先駆的な専門性を追求し、皆様のニーズにお応えする会社でありたいと考えています。

寺井 智哉

DESIGN & MATERIAL

水平性と垂直性が織りなす、建築造形美。

外観完成予想CG

DESIGN

表層的な華美にとらわれず、普遍の美を追求した造形。

四季折々の景観に映え、永住邸宅にふさわしい美の在り方を求めた外観デザイン。
揺るぎない重みの中に洗練を湛えたファサードは、時流に染まることなく流麗に。
そして地の歴史に題材を求め、自然素材で設えたエントランスアプローチが歳月とともに趣きを深め、タイムレスな威厳を放ちます。

  • 外観完成予想CG
  • エントランスアプローチ完成予想CG

MATERIAL

時を経てもなお風合いを醸していく、質感溢れるマテリアル。

袖壁や外壁の素材に、グレーアッシュをベースとした2種類のタイルを採用しました。
淡い色合いの中に濃い色合いを差すことで、外観に変化を演出。
そしてタイルの表面に刻まれたラインが微かな光の陰影をつくり、建物に豊かな表情を描きます。
基壇部には風合い豊かなせっ器質タイルを採用。焼きムラを感じせる風合いは、時を重ねるほどに美しい変化をもたらします。

01.外壁/45二丁タイル 02. 基壇部外壁/二丁掛タイル
03. アプローチ・エントランス壁面/花崗岩 バーナー仕上げ 04. アプローチ・エントランス壁面/花崗岩 本磨き

ENTRANCE & ENTRANCE HALL

佇むのは、
重厚な門構えの風趣。
薫るのは、匠の妙趣。

ENTRANCE APPROACH

城郭を偲ぶ「乱尺割り肌石」を設えた、
誇り高きエントランスアプローチ。

邸宅の「顔」に表したのは池田の歴史への敬意。 かつて畿内屈指の城郭を擁したとされる池田城、その雄壮な門構えに想いを馳せ、素材と意匠に創意を凝らして築いたエントランスアプローチが威厳を醸します。

エントランスアプローチ完成予想CG

花崗岩のダイヤモンドと呼ばれる「庵治石」

香川県北東部の庵治地方でのみ産出される庵治石。 きめ細かさと光沢、そして重みを備えた石は古くから最高級石材として珍重され、 「花崗岩のダイヤモンド」と称されています。

ENTRANCE HALL

心をそっと解きほぐす、
落ち着きを湛えたエントランスホール。

都市の賑わいから私邸のやすらぎへと誘うエントランスホール。
ダウンライトの灯り、壁面のルーバーに浮かぶ影と光、そして花崗岩の柔らかな輝きが調和を奏で、ここに帰り着いた方の心を緩やかに解きほぐします。

エントランスホール完成予想CG

猪名川の美しい流れを映す陶板アートウォール。

エントランスホールの壁面に、陶芸家清水大介作の陶板アートを設置。そのモチーフは、池田の街に潤いを恵む、猪名川の美しい流れ。丹精込めて焼き上げられた陶板が、手づくりならではの色味と風合いをまといます。

ARTIST

陶芸家

清水 大介

DAISUKE KIYOMIZU

京焼の匠、五代清水六兵衛のひ孫。同じく陶芸家の清水久の長男として生まれる。京都府立大学環境デザイン学科卒業。陶芸家猪飼祐一氏に師事し、以来、陶芸家として数々の個展を開催。

※掲載の各完成予想CGは、設計段階の図面を基に描いたもので、外観形状の細部・設備機器等を一部省略しています。また、建物の形状・仕様・色調・植栽等は、行政官庁の指導および施工上の都合により変更になる場合がございます。描かれている植栽は予定種の成長後のイメージを基に描いており、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。予めご了承ください。
※掲載の外観完成予想イメージCGは、現地7階相当の眺望写真(2021年9月撮影・一部CG加工)に外観完成予想CGを合成・加工したイメージにつき実際とは異なります。尚、周辺の景観・環境・眺望等は将来変わる場合がございます。