「【公式】ジオタワー 南森町」 地上37階建、免震タワーレジデンス 梅田約1.6km圏の新築マンション」ザ オオサカ クラスタワー

設備・仕様

設備・仕様

〈ジオ〉の品質管理

ジオチェック プラス

阪急阪神不動産では独自の品質管理システムを設け、
企画・設計・工事計画・工事・竣工に至る5つのステップにわたり
こだわりをもって品質管理に取り組んでいます。

ジオチェック プラス

ジオチェック プラス

設計者、工事施工者、工事監理者等の役割分担

  • 設計者 設計者は、建築工事に必要な情報が記載されている設計図面を作成する役割を担っています。一定の建築物の設計は有資格者である建築士の独占業務であり、この設計者の作成する設計図面に基づいて、工事や工事監理が行われています。
  • 工事施工者 工事施工者は、工事請負契約書に定められた工期と金額で、設計図面どおりの建築物の工事を実施する役割を担っています。また、施工管理者として、施工の品質、工程の進捗状況、各専門業者の管理等を行います。
  • 工事監理者 工事監理者は、設計図面どおりに工事が行われているかを確認し、不具合の発生を未然に防ぐ重要な役割を担っています。一定の建築物の工事監理は有資格者である建築士の独占業務であり、設計者が担当することもあります。
  • 第三者検査機関 第三者検査機関とは、行政または民間の指定確認検査機関、および指定住宅性能評価機関を示しています。設計図面の段階で「建築確認」「設計住宅性能評価」、工事の段階で「中間検査」「完了検査」「建設住宅性能評価」を実施します。

〈ジオチェック プラス〉の詳細はこちら

〈ジオ〉の商品企画

ジオフィット プラス

〈ジオ〉の暮らしが特別なのは、
〈ジオ〉に住む人をはじめ、多くのお客様の声が活きているからです。
この、たくさんの声をカタチにしていくプロジェクトが、〈ジオフィット プラス〉。
ただ上質なだけではない、本当に住みやすく愛着のある暮らしを実現するために、
〈ジオ〉はこれからもお客様の声に寄り添った提案をつづけます。

ジオフィット プラス

〈ジオフィットプラス〉とは、〈ジオ〉の入居者をはじめとした、多くのお客様の声を集め、検証し、カタチにしていく、〈ジオ〉をよりよくするためのサイクル型プロジェクトです。
〈ジオフィットプラス〉では、お客様の声を机上で検討するだけでなく、実際の住まいを再現したラボ〈ジオフィットプラスラボ〉で検証していきます。
ここで生まれたアイデアは、実際に〈ジオ〉に採用。そして、その〈ジオ〉の入居者からの声を集め、また検証する。この止むことのないサイクルで、〈ジオ〉での暮らしをさらに充実・進化させることを目指します。

ジオフィット プラス

当社では、2000年から、入居者を対象に、住まいに関するアンケートを行っています。

ジオフィット プラス
入居者アンケート
ジオフィット プラス

生活者視点、ユーザー視点の様々なアイデアをカタチにするために、商品開発に取り組みます。

ジオフィット プラス
ジオフィット プラス

複数の試作品を展示する、検証ラボ〈ジオフィットプラスラボ〉で、当社の会員モニターの意見を聞きながら、試作品の検証をしていきます。

ジオフィット プラス
ジオフィット プラス ラボ
ジオフィット プラス

入居者の声やモニター活動、試作品での検証から浮かびあがってきた問題点・改善点を集約し、分析。

ジオフィット プラス
ジオフィット プラス

様々な検証を経て、新たに開発された商品を〈ジオ〉に採用。この〈ジオ〉の入居者の声を集め、さらに改良を加えます。

ジオフィット プラス

〈ジオフィット プラス〉は、快適な暮らしを続けていただけるように、
4つの視点で暮らしを見つめ、お客様の声に応えていきます。

  • 暮らしをもっと快適に、便利にしたいという声にこたえるのが、〈ジオフィットプラスデイズ〉。多くの声やアイデアをカタチにしている〈ジオ〉での暮らしは、うれしい便利がたくさん。納得の住み心地を日々実感してください。
  • 無理をせず、でもきちんと環境に配慮しながら暮らしたいという想いにこたえるのが、〈ジオフィットプラスエコ〉。〈ジオ〉には、住まいのことからまちのことまで考えたエコのための技術や取り組みが、豊富にそろっています。半歩先いくこれからのエコな暮らしが、〈ジオ〉に住まうだけで実現できます。
  • もしものときに、大きな安心をお届けするのが、〈ジオフィットプラスソナエ〉。被害を最小限にする建物構造や設備だけではなく、災害時の不安をお客様にお聞きして採用した、被災後に役立つ備えも充実しています。〈ジオ〉は、もしものとき頼れる住まいを目指します。
  • 誰もが抱くいつまでも快適に住み続けたいという想いにこたえるのが〈ジオフィットプラスステージ〉。10年先、20年先といったライフステージへの変化はもちろん、より多くの方々がいちばん快適な暮らしができる住まいをお届けします。

〈ジオ〉のシェアリングサービス

〈ジオ〉のシェアリングサービス

幅広い世代と多様なライフスタイルの居住者が集まる「ジオタワー南森町」において、集まって住むことの良さを感じていただけるようなシェアリングサービスを提供いたします。※使用にあたっては、一部有料となるものがございます。

アフターサービス

「お客さまセンター」によるきめ細やかな対応

お客さまセンター

安心・快適に暮らしていただけるよう定期補修だけでなく、アフターサービスを受け付けし、アフターサービス規準に応じた手直しを実施します。夜間・休日の緊急を要する漏水等の事象を受け付ける緊急コールセンターを設けています。

「お客さまセンター」は電話応対だけではありません

「お客さまセンター」へいただくお話は、補修のご依頼や取り扱いについてのご質問、各現場担当へ引き継ぐものなど、内容は実に様々です。その中で電話だけでは状況が確認しづらい場合、実際に当社社員がお客様のお宅までお伺いすることもあります。その場ですぐに解決できない場合もありますが、直接お会いしてお話しすることでお客様に安心していただけるものと考えています。

スムーズな対応を実現するため
「顧客管理システムSMILE」を導入

当社では、お客様への対応履歴を一括して記録・管理するシステムの活用により、担当者がお客様から以前にいただいたお問合せやご意見などを把握した状況で対応でき、スムーズにお話を伺えるようにしています。また、SMILEに保存した過去の対応事例はノウハウとして蓄積しています。これからのお客様への応対に活かしながら、より満足いただけるサービスの提供を目指しています。

阪急阪神不動産の
アフターサービス規準

【アフターサービス規準】

永く快適に、毎日を安心してお住まいいただけるように、アフターサービス規準を定めています。構造耐力において主要となる部分と、屋内への雨水の浸入を防止するための部分については、10年間のアフターサービスを行っています。※箇所によりアフターサービス期間は異なります。

【主要構造部等の主な内容】
主要構造部等の主な内容
※詳しい内容につきましては、アフターサービス規準書をご確認ください。

住まいるアドバイザー
(引渡開始後数日間)

設備の操作や共用部の使い方など、新生活が始まったばかりの時期は、何かと分からないことが多いもの。係員がマンション内に待機し、ご質問を身近で受け付け、入居当初のお困りごと等にお答えしています。

住まいるアドバイザー(引渡開始後数日間)

引渡後、初回・1年・2年目の
定期補修を実施

安心・快適な暮らしを支えるためには、お引渡後のアフターサービスがとても重要であると考えています。全住戸・共用部を対象とした定期補修を一斉引渡後の初回(3~6ヶ月・住戸のみ)・1年目・2年目に実施し、ご依頼事項を確認の上、必要な手直しを行います。また、初回定期補修時には「住まいの相談コーナー」を設け、「お客さまセンター」の担当者が皆様からのご質問や取扱説明等にも直接お答えいたします。

引渡後、初回・1年・2年目の定期補修を実施
住まいの相談コーナー

お客さまセンター等の
マグネットステッカー

住まいのお困りごと相談の「阪急阪神住まいのアシストコール」と、アフターサービス等のお申し出窓口の「お客さまセンター」のご連絡先を記載した、マグネットステッカーを配布いたします。お部屋の見やすい所などに貼っていただければ、緊急時に慌てることなくご連絡していただけます。