Brand

阪急阪神不動産が贈る
マンションブランド<ジオ>。

品と質。その、頂きへ。

<ジオ>は歩み続けます。そう、この瞬間も。めざす頂は近づくほど遠くに見え、踏み出す一歩は進ごとに困難が増していくのかもしれません。それでも、より高みを目指し、「品と質」その価値を研ぎ澄ませ、頂に至るその日まで自らを超え続けます。全てはお客様の期待を超えるために。<ジオ>は歩み続けます。

ジオグランデ宝塚山手台(2008年竣工)

首都圏でも数々の実績を刻む
〈ジオ〉ブランド。

阪急阪神不動産が贈る〈ジオ〉ブランドは、
日本の田園都市構想を先駆けた
創業者:小林一三の思想とロマンのもと、
「土地の声を聞き」、
「その地の未来を担う建築と界隈づくり」を描き、
「街の価値を磨き上げてゆく」ための街づくりに、
永年の英知と使命をもって邁進しています。

ジオグランデ元麻布(2017年竣工)
ジオグランデ代々木の杜
(2019年竣工予定)
ジオ南青山
(2017年竣工)

DEVELOPMENT

100年まちを創ってきた。
これからの100年も創る。

私たち、阪急阪神不動産は
「安心・快適」、そして「夢・感動」を
お届けすることで、
お客様の喜びを実現し、社会に貢献します。

2018年4月、阪急阪神不動産株式会社は、
これまでグループ各社が培ってきた
専門性、独自性を活かしつつ、
グループの総合力を最大限に発揮すべく、
総合不動産デベロッパーとして、誕生しました。
私たちは長きにわたる歴史の中で、
人と、街と、時代の声に真摯に耳を傾け、
培ってきた感度や信頼を活かし
次の100年に向け、
常にお客さまと向き合い、歩みを止めることなく、
一人ひとりに“期待を超える価値”を届け続けていきます。

INFORMATION

来場予約受付中完全予約制