structure

見えない部分に
信頼の品質を。

暮らしの安心を守る意識を高めて。

地盤調査
堅牢な建物がその力を発揮するには、確かな強さを備えた地盤が重要です。そこで、構造設計開始前に地盤調査(ボーリング調査)を実施しています。ボーリング調査とは地面に数十mm程度の穴を開けて支持地盤に達するまで掘り進み、深さや強度確認・土質サンプルの採取等を行っています。
建物をしっかり支える杭基礎「場所打ちコンクリート杭」
杭基礎「場所打ちコンクリート杭」とは、支持地盤が深い場合に杭を深く打ち込み、建物を支える基礎工法です。地盤調査の結果から、支持地盤となる強固な地盤の位置・深さを把握した上で、地盤・建物計画に応じた基礎設計を行っています。「ジオ元赤坂」では、ボーリング調査により地中約34.0mから安定した支持地盤があることを確認しています。この支持地盤に達する8本の「場所打ちコンクリート杭」により、建物をしっかり支えています。※外構などは除く。
耐震性を高めた構造躯体
主要な柱には継目が溶接された溶接閉鎖型(一部除く)のフープ筋を採用しています。
コンクリートかぶり厚さ
かぶり厚さとは、鉄筋を覆っているコンクリートの厚みのことです。アルカリ性のコンクリートは鉄筋が錆びるのを防いでいますが、経年劣化に伴い外気中の二酸化炭素等の影響で次第にコンクリートが中性化します。鉄筋の表面まで中性化が進行し、ひび割れ等から水分が侵入すると、鉄筋が錆により膨張し表面のコンクリート剥離に至る場合があります。適正なかぶり厚さを確保することで外部環境の影響を受けにくくなります。
外壁
外壁のRC厚は、約150mm~約180mmです。外壁の屋内側には現場発泡ウレタンフォーム(一部除く)を吹付けた内断熱を施しています。※住戸外壁厚と仕様については部位により異なりますので、詳しくは設計図書でお確かめください。
戸境壁
戸境壁厚は約137mm。中間にスタッドを施して壁強度を高め、グラスウールを充填した耐火遮音間仕切を採用しています。その上に、軽量鉄骨+石こうボードを施しています。
コンクリート強度
住棟の構造躯体の設計基準強度は、建物を安全に支持するためFC33〜FC48N/m㎡としています。※土間コンクリート、抗、外構などは除く。
床スラブは、厚さ約200mm~約240mm(一部除く)の在来スラブです。※スラブ厚と仕様については部位により異なりますので、詳しくは設計図書でお確かめください。
メンテナンス性を向上させる二重床と二重天井
コンクリートスラブとフローリングの間に防振・防音に考慮した二重床構造を採用。二重床及び二重天井の空間内に設備配管・配線を行うことにより、配管等のメンテナンス性が向上。照明位置や間取り変更に伴う設備機器の移設など、将来のリフォームにも対応しやすいシステムです。※スラブ厚と仕様については部位により異なりますので、詳しくは設計図書でお確かめください。
耐力壁ダブル配筋
外壁など建物を支える構造壁(耐力壁)の配筋は、コンクリート内に鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋としています。
断熱工法
外部に面する壁・梁・柱の内側には、現場発泡ウレタンフォームによる内断熱工法を採用しています。また、直射日光が当たる屋上スラブには、コンクリートスラブの上に断熱層を設ける外断熱工法(一部除く)を採用し、直射日光などによる室内温度の上昇を緩和します。
構造躯体の耐久性(劣化対策等級3)
構造躯体のコンクリートの最低設計基準強度は、33N/m㎡以上を確保しています。また、鉄筋コンクリートの中性化による劣化を防ぐために、水セメント比50%以下(一部除く)の良質なコンクリートを使用し、かつ適正なコンクリートのかぶり厚を確保することにより、品確法の劣化対策等級の等級3を取得しています。(設計性能評価取得済、建設住宅性能評価取得予定)。※品確法=「住宅の品質確保の推進等に関する法律」※土間コンクリート、抗、外構などは除く。
水セメント比
水セメント比(コンクリート中のセメントに対する水の質量比)50%以下のコンクリートを使用することで、コンクリートの中性化の進行を抑制し、鉄筋の腐食等に対する抵抗性を高め、鉄筋コンクリート構造体の長寿命化を図ります。※土間コンクリート、抗、外構などは除く。
24時間遠隔監視システム
24時間体制で万一の異常を集中監視する、セキュリティシステムを導入しています。エントランスや住戸玄関の来訪者を確認できる住戸内のハンズフリーカラーモニター付セキュリティインターホン(住宅情報盤)には、火災警報や非常用押ボタン等を組み込んでいます。万一火災が発生した場合、防犯センサーが不法侵入を感知した場合、非常用押ボタンが押された場合などは、警報音でお知らせするとともに、管理員室と監視センターへ自動通報します。監視センターでは状況を把握し、スタッフが現場へ急行します。また必要な場合は関係機関へ緊急連絡を行います。
万一に備えた監視カメラ
エントランス、自転車置場、エレベーター、メール・宅配コーナー投函側など共用部分の各所に監視カメラを設置しています。また、管理員室設置のデジタルレコーダーにて録画しています。 (録画保存は10日分まで)
玄関前カメラ付ドアホン子器
住戸玄関前のインターホンパネルにカメラ付ドアホン子器を設置しています。エントランスやサブエントランス、住戸前で来訪者を確認できます。 ※ポーチ付住戸はポーチ前での確認となります。
防犯センサー
全住戸の玄関ドア(勝手口ドアを含む)と接地階住戸の面格子のないすべての窓にマグネット式防犯センサーを標準で設置(FIX窓等一部除く)しています。防犯監視状態でドアや窓が可動するとセンサーが感知し、ドアホンで警報音を発し、管理員室や監視センターなどに自動通報します。
トリプルセキュリティ
共用部の風除室とエントランスホールの2ヶ所にロックの解錠が必要なオートロックを採用。さらに専用部の各住戸前インターホンで音声とモニターの映像により来客者を確認し、防犯性を高めています。
ハンズフリーセキュリティシステム
エントランスの自動ドアにハンズフリーセキュリティシステムを採用しています。ラクセスキーをポケットなどから取り出すことなく、エントランスのリーダ部に近づくと解錠されるシステムです。
ハンズフリーカラーモニター付セキュリティ インターホン「Windea(ウィンディア)」
来訪者をエントランスと住戸玄関前で、画像と音声によって確認できるハンズフリーカラーモニター付セキュリティインターホン「Windea(ウィンディア)」を採用しています。録画・録音機能を搭載した最新のセキュリティ機能が特長です。また、大画面液晶タッチパネルを搭載し、クリアな大画面で見やすく、デザイン性と使いやすさも兼ね備えています。
ディンプルシリンダーキー
玄関鍵には、ピッキングなどの不正解錠や合鍵の不正な複製が困難な「LBシリンダーキー」を上下2カ所に設置しています。独自の可変タンブラーを13列13枚配列させ、不正解錠に非常に強いロッキングバーを採用。理論的な鍵違い数は約261億通りにもなる構造です。キーは上下対称にしたリバーシブル型のため、手元が暗い場所でも操作が簡単です。また、鍵の紛失時に錠前を取り替える事なく、新しい鍵を差し込むだけで最大4回まで交換できる便利なチェンジキーシステムを導入しています。 ※プランの構成により、交換回数は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
警備信号錠
住戸玄関鍵には防犯システムのON/OFFを行うための警備信号錠を採用しています。キーを回して施錠した時、キーをそのまま押し込むと防犯セット(警備信号)用のスイッチがONとなります。防犯セットがONの状態の時、キーで解錠すると自動的に防犯セット用のスイッチはOFFとなります。
鎌付デッドボルト・防犯サムターン
施錠時にドア枠側に飛び出してドアの開閉ができないようにするデッドボルトが引っ掛かりを作る鎌状の部品になった錠前を採用。バールを使用するなど暴力的なドアのこじ開けによる不正解錠も防止するほか、内部側サムターンにも不正解錠防止機能を搭載しました。
CP認定玄関ドア
「防犯性の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」で防犯性能試験をクリアした製品にのみ許されるCPマークの認定を受けた特殊鋼板仕様の玄関ドアを採用しています。
※掲載の写真は、モデルルームにて2018年9月に撮影したもの及び、当社分譲事例・メーカー参考写真です。

INFORMATION

来場予約受付中完全予約制