ジオができる街

いい街コレクション。
エリアの魅力やおすすめスポットをご紹介!

たまプラーザテラス

横浜市 青葉区 美しが丘エリア

東急田園都市のモデルケースとして発展してきた美しが丘。
住環境に重点を置いた開発により、緑豊かな街並みを実現。

たまプラーザ駅

たまプラーザ駅
東急田園都市線の急行・準急停車駅。
都心や横浜への抜群のアクセスで日々多くの人でにぎわう。

住みたい沿線ランキングで必ずランクインする東急田園都市線。その中でも子育てに優しく、都心へのアクセスも良い憧れの街が「たまプラーザ」駅を拠点とする「美しが丘」エリアだ。
ショッピングの起点でもある東急田園都市線「たまプラーザ」駅から「二子玉川」駅へ直通9分。「渋谷」駅へ直通20分。大手町へ直通36分。隣駅の「あざみ野」駅から横浜市営地下鉄ブルーラインへ乗り換えれば、「横浜」駅へも29分と抜群のアクセスを誇る。

車でのアクセスも最寄りの高速ICは車で約3分の「東名川崎IC」。圏央道を利用して中央道・関越道・東北道とも繋がっており、レジャーや旅行、ドライブにも便利な立地だ。「たまプラーザ」駅からは「羽田空港」や「成田空港」、「東京ディズニーリゾート」への直通バスも発着しており、渋谷駅からは「たまプラーザ」駅着の深夜急行バスも運行している。

ちなみに「美しが丘」エリアは、元は横浜市港北区の元石川町の一部。米国ニュージャージ州の田園都市・ラドバーンをモデルに昭和30年代から40年代にかけて開発されており、その美しい街並みは東急多摩田園都市のモデルタウンとして独自の存在感を放っている。住民の景観に対する意識も高く、美しい並木道は市民ボランティアによって丁寧に手入れされているほど。

標高70m前後の安定した地盤の「美しが丘」エリアは、急傾斜地も少なく、地震、土砂災害などの自然災害の影響を受けにくい。横浜市による想定でも地震の被害が少なく、災害に強い地域であることも人気の理由となっている。

多摩田園都市ならではの美しい景観。
住民が育んできた成熟した住環境が魅力!

緑豊かな多摩丘陵に位置している「美しが丘」エリアは、美しい景観が整然と広がっており、クオリティの高い住環境が羨望の的となっている。歩行者専用道路を設けた「ラドバーン方式」や、自動車の通り抜けを排除する「クルドサック方式」など、東急多摩田園都市ならではの先進的な取り組みを地道に行ってきた。成長した街路樹や庭木等の緑は、美しが丘のシンボルになっている。

街の中は児童公園が均等に設置されており、美しが丘二丁目には「美しが丘公園」が近接している。この公園にはログハウスが建てられており、家族連れに評判がいい。昨今は屋台や縁日が出店される「桜まつり」や、さまざまなアートプロジェクトを繰り広げる「AOBA+ART」といった地域イベントも活発に開催されており、成熟した街ならではの豊かさを感じることができる。

すこし足をのばせば、「生田緑地」や「王禅寺ふるさと公園」、「東高根森林公園」など広大な緑がひろがっており、心癒される自然環境を満喫できる。首都圏を代表する緑豊かな自然環境を有する「生田緑地」は、クヌギ・コナラを中心とした雑木林や、谷戸部の湿地、湧水等の貴重な自然資源が残されており、中央地区にはゲンジボタルやホトケドジョウ等、限られた地域にしか見られない貴重な生物が生息している。

また、多摩丘陵の豊かな自然を生かした「王禅寺ふるさと公園」は、水と緑をテーマとして作られた公園。多目的広場や芝生広場、遠見の広場、富士山を眺望できる展望広場等があり、多くの人に利用されている。

「生田緑地」にほど近い「東高根森林公園」は、弥生・古墳時代の竪穴式住居跡や、ドングリなどの食糧貯蔵穴跡が発見されており、遺跡周囲にはシラカシ林が自然林に近い形で残っている。春の桜並木や初夏の紫陽花、晩秋の紅葉は、来園者をなごませている。

美しが丘公園
こどもログハウス
美しが丘公園 こどもログハウス

屋内で子供が遊べる遊戯施設が揃ったログハウス。登りネットや、らせん状の滑り台、バスケットリング、アスレチック、地下迷路、図書コーナーなどの遊具が多数ある。たまプラーザ駅からもほど近い人気スポット。入館無料。

住所 青葉区美しが丘 2-22 美しが丘公園内
電話 045-902-6925
休館日 第3月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/29~1/3)

駅周辺でショッピングを楽しみ、
街路樹のストリートを散策しながら美しが丘へ。

「美しが丘」エリアの拠点となる「たまプラーザ」駅周辺は、東急多摩田園都市の中核となる商業エリアとして発展してきた。

2010年に全面開業した駅直結の「たまプラーザテラス」は、約140店舗もの多彩なショップが入る大型複合施設。ファッション、グルメが楽しめるレストラン、インテリア雑貨など、暮らしを彩るトレンディスポットとして賑わいをみせており、2015年には日本ショッピングセンター協会が選出する「第4回地域貢献大賞」において大賞を受賞している。

おしゃれな婦人服・洋品やベビー子供服などが揃った「東急百貨店たまプラーザ店」は、ランチやディナーに利用できるレストラン・カフェも充実。屋上にはフットサルコート「アディダスフットサルパークたまプラーザ」を備えている。普段のショッピングに便利な「イトーヨーカドーたまプラーザ店」は、赤ちゃんの休憩室や授乳スペースも完備している。

さらに「美しが丘」エリアは、商店街も活気がある。駅前には「たまプラーザ駅前通商店会」「たまプラーザ中央商店街」「たまプラーザ商店会」の3つの商店街があり、地域に密着したこだわりのショップも軒を並べる。毎年、たまプラーザ駅周辺商業施設、商店街、自治会が合同で開催するイベント「たまプラーザサマーフェスティバル」は、地元の活動団体の出し物をはじめ、盆踊りやフリーマーケットなど恒例イベントが目白押しだ。

駅周辺のショッピングエリアで買い物を楽しみ、美しい街路樹のストリートを散策しながら美しが丘へ。計画的に整備された田園都市ならではの豊かさと快適さを享受できることが最大の魅力だ。

店舗写真
たまプラーザテラス

たまプラーザ駅周辺の再開発事業として2010年にサウスプラザ・ノースプラザ・ゲートプラザの全区域が開業。家族連れでも楽しめる工夫がたくさんあり、ファッションからグルメまで楽しめる、子育てママに優しいショッピングモール。

住所 横浜市青葉区美しが丘1-1-2
電話 045-903-2109
営業時間 ショップ10:00~21:00
テラスダイニング11:00~22:30
テラスキッチン11:00~21:00
※一部営業時間の異なる店舗もあります
店舗写真
東急百貨店たまプラーザ

おしゃれな婦人服やベビー子供服、食品、家庭用品・寝装品、スポーツ用品など充実の品揃え。ランチやディナーに利用できるレストラン・カフェも充実。屋上にフットサルコート「アディダスフットサルパークたまプラーザ」を備えている。

住所 横浜市青葉区美しが丘1-7
電話 045-903-2211
営業時間 10:00~20:00
レストラン11:00~22:30(オーダーストップ22時00分)
店舗写真
イトーヨーカドーたまプラーザ

食品と日用品のフロア、ファッションのフロア、子供と暮らし・飲食のフロアで構成されており、子育ての主役であるお母さんをサポート。赤ちゃんの休憩室や授乳スペース、70度の調乳用のお湯などを提供している。

住所 横浜市青葉区美しが丘1-6-1
電話 045-901-9311
営業時間 10:00~22:00
※一部専門店は営業時間が異なります。

子育て支援や学習塾、レッスン教室も充実!
保健福祉水準が高い、先進的かつ健康的な住環境。

たまプラーザ地域ケアプラザ

たまプラーザ地域ケアプラザ

洗練された雰囲気が魅力的な「美しが丘」エリアは、ゆったりとしながらも先進的な子育て環境が整っている。
子育て・教育通学指定校の「横浜市立美しが丘小学校」は、児童・生徒間交流など、近隣の小中学校と連携して教育を行っており、周辺には「小学館アカデミーたまプラーザ保育園」、「横浜市美しが丘保育園」、「國學院幼稚園」など保育園や幼稚園も数多く点在している。

また、子育て支援を行う「たまプラーザ地域ケアプラザ」や、青葉区が開催する「地域育児教室」、「親と子のつどいの広場」など、ファミリーが多い住宅地ということもあり、安心できる教育環境や取り組みが揃っている。学習塾や進学塾も豊富で、個人の私塾から大手まで揃っており、塾の他にも、ダンス、バレエ、ピアノなどのレッスン教室も充実。子育て中の親向けにヨガやダンス、パーソナルトレーニングなどの施設も数多く揃っている。

一方、「美しが丘」エリアは医療関係も充実している。小児科・内科(アレルギー含む)の揃う医療施設が徒歩圏内に複数あり、「たまプラーザ」駅まで出れば、医療複合施設の「メディカルモール たまプラーザ」がある。「横浜総合病院」や、「聖マリアンナ医科大学病院」といった大きな病院も車で20分程の距離にあるため、何かあった際には安心だ。

ちなみに青葉区は平成20年に厚生労働省が発表した「平成17年市区町村別生命表」によると、男性が81.7歳で全国市区町村(1,962市区町村)で第1位、女性が88.0歳で第7位。保健福祉水準が高く、平均寿命が高い長寿の自治体となっている。

オフタイムは
フラワーショップやヨガ教室へ。

「美しが丘」エリアは、個性的かつ成熟したライフスタイルを持つ住民が多く、美しが丘ならではのこだわりのあるフラワーショップやヨガ教室が充実。居心地の良いおしゃれなカフェも点在しており、オフタイムは散歩がてら優雅なひとときを過ごせるエリアだ。

店舗写真
店舗写真
フラワーショップ ラ フランス

たまプラーザ駅から徒歩10分の閑静な住宅街の一角にある花屋さん。花束やアレンジメントなどのフラワーギフトはもちろん、観葉植物や花鉢、胡蝶蘭などの鉢物、インテリア用品もラ・フランス流で置いている。フェイスブックで最新情報をチェックできる。

住所 横浜市青葉区美しが丘4-1-4 102
電話 045-909-6463
営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休(年末年始・夏季は除く)
教室風景
教室風景
kSaNa Yoga Schoolたまプラーザ

自分を見つめる、癒す、磨く、そして知る。そんな上質な時間を過ごせる場。
初心者から経験者まで多彩なクラスがあり、インストラクター養成コースも開催。
カフェやマッサージサロンも併設。「ヨガ」をキーワードに生活をより豊かにしてくれます。

住所 横浜市青葉区美しが丘2-19-6たまプラーザ曙ビル2F・3F
電話 045-309-7293
営業時間 9:00~21:00

おしゃれなカフェで過ごす
優雅なひととき。

「美しが丘」エリアには、居心地の良いおしゃれなレストランやカフェも点在しており、オフタイムは散歩がてら優雅なひとときを過ごせるエリアだ。

店舗写真
店舗写真
キャボロカフェ

美しが丘公園のすぐ隣、緑に囲まれたイタリアンレストラン。ベビーカーの移動もスムーズにできる、ゆとりのある空間は、思わずくつろぎたくなる落ち着いた雰囲気。平日はパスタランチ、ピッツァランチがおすすめ。

住所 横浜市青葉区美しが丘2-19-2 たまプラーザ日ノ樹ビル1F
電話 045-905-5224
営業時間 11:00~0:00 (LO 23:00)
店舗写真
店舗写真
手打そば 風來蕎

無農薬で有機栽培された新潟産常陸秋蕎麦をはじめ、茨城・会津など選りすぐりの国内産蕎麦を店内の石臼にて自家製粉。季節に合わせた、旬の食材を使用したコース料理(平日限定)も楽しめる。

住所 横浜市青葉区新石川3-13-26
電話 045-507-7803
営業時間 11:30~14:30(L.O.)18:00~20:30(L.O.)※火曜日は昼のみ
定休日 水曜・第3木曜定休
店舗写真
店舗写真
カフェ・ダ・コテ・ベルクの4月

たまプラーザの人気店、「ベルグの4月」の姉妹店。ピレネー山脈地帯に伝わる伝統菓子「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」がおすすめ。美しが丘公園の緑を借景に、ゆったりとしたティータイムを過ごせる。

住所 横浜市青葉区美しが丘2-19-6 1F
電話 045-507-8448
営業時間 10:30~18:00(L.O.)17:30
定休日 月曜定休
店舗写真
店舗写真
ビオコンプレ

焼き上げの2日前までに種を仕込み、前日に生地を作り一晩ゆっくり醗酵させ旨みをじっくり引き出したオーガニックパンにこだわっている。挽きたての粉の香りと甘みが口いっぱいに広がる「全粒粉のバターロール」が一番人気。

住所 横浜市青葉区美しが丘2-18-5 陽輪台たまプラーザ1F
電話 045-902-0888
営業時間 10:00~18:30
定休日 月曜・火曜定休(祝日は営業)
店舗写真
店舗写真
ロトカフェ

白を基調としたスタイリッシュなインテリア。オーナーシェフが自ら焼き上げるピッツァは、生地の粉やチーズも全てイタリア産を使用し石窯で焼きあげている。桜並木に面したオープンテラスのあるおしゃれなカフェ。

住所 川崎市宮前区犬蔵2-6-20 サンウィングタマプラーザ1F
電話 044-978-0086
営業時間 火曜~土曜ランチ11:30~14:30ディナー18:00~翌2:00
日・祝11:30~22:00
定休日 月曜定休
(2016年3月取材)