Presented By

阪急阪神
© Hankyu Hanshin Properties Corp.

About "geo PROGRESS"

ジオプログレスとは、
日々を一歩先へとプログレス(進展)させる情報サイトです。
首都圏エリアの多彩なライフスタイルに寄り添ってきた
マンションブランド<ジオ>のノウハウを活かし、
あらゆる暮らしをワンランク上へとアップグレードいたします。

子育てに良いマンションの間取りとは?



image photo
image photo

子育てファミリーにやさしい間取りとは?

住まいを買うということは、子どもたちの故郷をつくること

「もうすぐ新しい家族が増える」「もうすぐ子どもが小学校へ進学する」。そんな家族のライフイベントに合わせて、マンション購入を検討する方も多いのではないでしょうか?住まいを買うということは「子どもたちが成長する場所」「子供たちの故郷」を作ること。だからこそ、家族時間の充実につながる魅力的な間取りを選びたいものです。そこで今回のジオプログレスでは、これから子育て期へと突入するファミリーにオススメしたい、『子育てファミリーにやさしい間取り』の3つのポイントをご紹介します。

家事動線が快適なら、子どもと一緒に過ごす時間も増える

家庭内で最も忙しくなるのは、炊事・洗濯などの「家事に費やす時間」。キッチンや洗面などの水まわりの快適動線が確保されていれば効率よく日々の作業をこなすことができ、家事の時短にもつながります。例えば、夫婦一緒に並んで食後の片づけをするときも、作業スペースを広く使えるオープンキッチンやL字型キッチン、お料理と同時進行でお洗濯もできる洗面室との距離が近いキッチンなど、「時短が叶う快適家事動線」に注目しながら間取りを選びましょう。こうして家事に費やす時間を短縮することができればゆとりが生まれ、食後に子どもたちとゆっくり語らうなど、豊かな家族時間を育むことができそうです。

image photo
ジオ宮前平 C1タイプ間取り図

子どもたちの成長過程ごとの生活シーンをイメージしながら間取りを選ぼう!

すくすく成長期は、リビングサイドの洋室が頼もしい存在に

リビングサイドに設けられた洋室は子育てファミリーにとって頼もしい存在。スライド式の引き戸やウォールドアで間仕切りできる洋室なら、扉を開放することでLDKと一体感のあるオープンスペースとして空間を広く使うことができますし、洋室にクッションタイルを敷いておけば、お友達が子ども連れで遊びに来たときにも扉を閉じてオムツ替えをしたり、子どもたちをゴロンと寝転ばせてお昼寝スペースを作ることもできます。また、すくすく成長期には、リビングサイドの洋室を子どもの遊び場として使うようにすると、料理や洗い物をしながら対面式キッチンに立っていても、子どもたちへ目が行き届きやすくとなるいうメリットが。キッチン~リビング~洋室の距離を近づけることによって親子の息遣いが常に身近に感じられるほか、子どもたちがパパ・ママの様子を観察することにより、自然にお手伝いができるようになるかもしれません。

リビングのカタチによって「家族のつながり方」が変わる

リビングの形状を大きく分けると、バルコニーに対して空間が横に広がる「横長リビング」と、縦に広がる「縦長リビング」の2種類がありますが、近年子育てファミリーの間で支持率を高めているのが「縦長リビング」です。 縦長リビングの場合、LDの隣に洋室を配置した「リビングインの子ども部屋」を作ることができるため、子どもがデリケートな思春期を迎えても、玄関からすぐに自分の部屋へ入って閉じこもることはなく、常にリビングを通り抜けることにより、家族の存在を身近に感じることができます。

一方、横長リビングの場合はリビングスペースをゆったりと使えるプランが多く、親の目線が届きやすいリビングで子どもたちが勉強をする「リビング学習スペース」を作ることも可能です。 「親子の心地良い距離感を保ちつつ、家族のつながりを感じる間取り」または「親子がいつもリビングで一緒に過ごす間取り」。どちらが自分たち家族の暮らし方にマッチするかによって、「縦長リビング」「横長リビング」を選択すると良いでしょう。

image photo
image photo

関連物件: