Presented By

阪急阪神
© Hankyu Hanshin Properties Corp.

About "geo PROGRESS"

ジオプログレスとは、
日々を一歩先へとプログレス(進展)させる情報サイトです。
首都圏エリアの多彩なライフスタイルに寄り添ってきた
マンションブランド<ジオ>のノウハウを活かし、
あらゆる暮らしをワンランク上へとアップグレードいたします。

おうち時間を楽しく演出! ベランダピクニックのススメ

#アイディア
#暮らし
#一人暮らし
#夫婦
#家族


image photo
image photo

新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、外出自粛生活が続いていますが、みなさんはどんなアイデアでおうち時間を過ごしていますか?新緑がまぶしいこの季節、窓辺の風景を眺めているとついアウトドアレジャーが恋しくなりますが、そこはぐっとガマンして、この機会に「ベランダピクニック」をはじめてみませんか?今回のジオプログレスでは、おうちの中でもアウトドア気分を満喫できる「ベランダピクニックの楽しみ方」についてご紹介します。

大掛かりな準備は不要!日常生活の延長として気軽におうちごはんを楽しめる!

image photo
image photo

広々とした芝生の上で楽しむピクニックは気持ち良いものですが、出かけるまでの準備が大変。お料理を作り、ランチボックスに詰めこんでバッグにまとめ、レジャーシートやクーラーボックスを車に運んで移動するのは、時間と手間のかかる作業です。しかし、おうちの中で楽しむベランダピクニックなら、朝起きて、窓の外に広がる快晴の空を眺めた瞬間に“思い立ったらすぐに行動”でき、大掛かりな準備は不要です。キッチンから作りたてのお料理を、冷蔵庫から冷たいドリンクやフルーツを、そのまま直接ベランダへ運べば、即ピクニックをスタートできる気軽さはベランダピクニックならではのメリット。

特に、小さなお子さんのいるファミリーの場合は、公園のピクニックやバーベキューに出かけても子どもたちから目を離すことができず、なかなか食事に集中できないことがありますが、ベランダピクニックならリビングで子どもたちを遊ばせておくこともでき、大人たちは安心して美味しいお料理とお酒を楽しむことができます。日常生活の延長で、ちょっとだけ気分を変えておうちごはんタイムを過ごすことができるのは、ベランダピクニックの醍醐味と言えるでしょう。

ベランダピクニックがもっと楽しくなる?!こんなアイテムを使ってひと工夫しよう

image photo
image photo

ベランダピクニックは、特に広いスペースが無くても、1畳程度の広さがあれば十分楽しめます。ピクニックをはじめる前に用意しておきたいものは、バーベキューで使うような折りたたみ式のテーブル&ローチェア。それがない場合は、大きめの段ボールの空き箱を並べて代用してもOK。ラグマットを敷き、空き箱の上からお洒落なクロスをかければ立派なピクニックスペースの完成です。このとき、クロスは麻などのナチュラルな素材を使い、まわりにクッションを並べてみるとリラックス度がアップします。また、物干し竿に大きな布をかけてタープ(日よけ)を作ったり、フェイクグリーンを配置して木陰を演出すると、外からの目隠し効果にもつながります。また、一人用の小さなテントも用意するとアウトドア感覚が一層アップします。

夜のベランダピクニックの場合は、お部屋の照明を落としてキャンドルの灯りで演出するのもステキ。炎のゆらぎを再現したフェイクキャンドルやLEDランタンを使えば、風で灯りが消えることもなく、火元が無いため子どもたちが一緒のピクニックシーンでも安心して使えます。また、子どもたちと一緒に折り紙でカラフルなガーランドを作り、ベランダに飾るようにすると、パーティのような華やかさも演出できます。このとき、BGMは小鳥のさえずりや川のせせらぎなどの環境音楽をセレクトすると、ピクニック気分がさらに盛り上がりますよ。

ベランダピクニックのテクニックとオススメのお料理は?

image photo
image photo

ベランダピクニックの場合、お料理の盛り付けは不要。キッチンからベランダへ直行してそのままお料理を出せるように、フライパンやカッティングボードを上手に活用しましょう。例えば、スキレットを使えば、スパニッシュオムレツやサイコロステーキ、アヒージョ、魚介のワイン蒸しなども、できたてをそのままテーブルへ運ぶことができます。このとき、お料理をあらかじめ小さくカットしておくと、ピンチョススタイルで取り分けがしやすくなるほか、テーブルの上を広く使うことができ、後片付けも簡単です。また、バケットやソーセージ、フルーツなどのメニューは、カッティングボードの上に無造作にのせたままテーブルへ。こうしたダイナミックなテーブルコーディネートがマッチするのも、ベランダピクニックならではの気軽さです。

大人たちがビールやワインなどのアルコールを楽しんでいるときは、子ども用にノンアルコールカクテルを用意してみては?サイダーにかき氷用のシロップで色をつけ、おしゃれなプラスチックグラスに注いで輪切りレモンを添えれば、普段の食卓では見たことのないような“お子様用カクテル風ドリンク”が完成します。外出自粛生活の中の特別なピクニックタイムは、子どもたちにとって忘れられない思い出となりそうです。

ベランダピクニックをするときは、こんなところにご注意を!

ただし、マンションでベランダピクニックをおこなう場合には、いくつか注意点があります。マンションのバルコニー部分は共用部にあたるため、管理組合の規約に沿った使用が原則となっています。火気や臭気の厳禁、近隣住戸への騒音配慮など、管理規約内容を確認した上でルールとマナーを守って楽しみましょう。

また、小さなお子さんがいるご家庭の場合は、ピクニックセットの片付けのタイミングにも注意が必要です。テーブルやローチェアなどをそのまま出しっぱなしにしておくと、子どもたちが知らないうちにテーブルの上にのぼり、誤ってベランダから転落してしまう危険があります。ベランダピクニックが終了した後は、迅速にテーブルやチェアを片付けるように心がけましょう。

いかがでしたか?なかなか外に出られない日々の中でも、おうちの中でも工夫次第でアウトドア感覚を再現することができます。開放的な外の空気を感じながら過ごす時間は、心身のリフレッシュにつながりますから、ぜひ皆さんも薫風の中でのベランダピクニックを計画してみてくださいね。


#アイディア
#暮らし
#一人暮らし
#夫婦
#家族