ジオに住んで思うこと

部屋からの眺望と、
住宅性能に満足しています。

Owner's storyメインイメージ
K様ご家族のプロフィール
50代のご夫婦と大学生のご子息との3人暮らし。
優しい笑顔を浮かべてお住まいについて話されるご夫婦が印象的でした。
イメージ

優しい笑顔で迎えてくれたご主人に案内され、リビング・ダイニングへお邪魔すると、目の前に広がるのは息を飲むほどの美しい眺望。最上階にあるK様邸は、まさに絶景の特等席。
開放感あふれるワイドな開口部からは、大阪市内はもちろん、緩やかな稜線を描く山並みも一望できます。
「この眺望はほんとうに爽快です。こちらに引っ越して3年以上になりますが、まったく見飽きることがありません。春には川沿いの満開の桜、夏には近隣の花火大会も見下ろせるんです」。

K様が一戸建てからこちらにお引越しされたのは2013年8月。お子様たちが成長し、再びご夫婦中心のライフスタイルへと変化したことが、住み替えのきっかけになったそうです。
「将来を考えると、階段を昇り降りする必要がなくワンフロアで暮らせるマンションがいいなと。実際、3階建てだった以前の住まいと比べてとても快適ですし、家族をもっと近くに感じられるようになりました」。

また、目にあざやかな眺望だけでなく、目に見えない住宅性能にも満足しているとご主人はおっしゃいます。
「中でも感心したのは、断熱性の高さです。すべての窓にLow―E複層ガラスが採用されていて、冬でもエアコンいらずであたたかいです。
また最上階は暑いというイメージがあったんですけど、屋上には芝生が敷き詰められている上、天井との間に断熱材と充分な空気層が確保されているから一年を通じて心地いいです。」
奥様も、「マンションなので段差がないことや室内の温度差がほとんどないからでしょうか、うちのダックスフンドは椎間板ヘルニアを患っていたんですけど、こちらに移ってから一度も症状が出ていないんですよ」。

イメージ

A. 絶景が広がるバルコニー。大阪の街を一望できます。
B. コーナー部分の柱にはブラックミラーを装飾することで、空間にさらなる広がりを演出しています。
C. リビング壁面の美しい艶感をたたえた黒御影石には、静かに針を動かす時計を設置しています。
D. 廊下には、お花や花器などの調度品などを飾るためのニッチ収納をしつらえています。

※2016年10月撮影