Initiative

マンション購入座談会 マンション購入を考えているけれど、何をしたら良いのかわからない。そんなお悩みにお答えします。

1人暮らしやDINKSの方を中心に、広さ50㎡前後のコンパクトマンションが注目を集めています。
近々購入を、と考えているけれど、何から始めればいいかわからない人は、まず、気になる物件のマンションギャラリーへ出かけましょう。
今回は購入検討者の座談会を開催し、新築分譲マンション購入についての気になるポイントを販売担当者に聞いてみました。

エリア選び、資金計画、買い時・・・・・。 大切なポイントは

増えている独身やDINKSのマンション購入。

阪急阪神不動産 販売担当者 根来 陽子

阪急阪神不動産 販売担当者

根来 陽子

単身女性の方でも安心してマンションを購入してもらいたいと、都心コンパクトマンションを中心に〈ジオ〉シリーズの販売を担当中

独身やDINKSのお客様が増えているマンション購入。「住み替えて暮らしがより快適になった」というお声をたくさんいただいています。まずはエリア選びと資金計画が大切ですね。 毎日忙しく帰りも夜も遅い方には、便利な場所で住まいを考えていらっしゃる方が多いようです。資金計画には、返済シミュレーションや、ファイナンシャル・プランナーによるマネー相談会などに参加されるのをお勧めします。

オリンピック後も公共・商業再開発をはじめ住宅事業は継続されますので、建築コストは横ばいか高騰する可能性が。そして都心や利便性の高い立地は特に希少性があります。 価格の変動はもちろん気になりますが、今、どんな暮らしがしたいのか、より快適な暮らしができるのかということで考えると、結局その人にとって「住み替えたい時が買い時」 ではないかと思います。

イメージ画像

ライフスタイルが変わっても大丈夫。資産としてのマンション購入。

将来、ライフスタイルの変化に合わせて、売ったり貸したりするということを想定すると、マンション購入の際は「資産価値」という視点でも物件チェックをすることがとても重要。都心のコンパクトマンションは、面積の広い物件に比べれば手頃な価格なので、貸しやすく、売りやすいのが魅力です。駅からの距離や周辺環境の良さなどの利便性が高い物件を選びましょう。

はじめてのモデルルーム見学、マンションライフに夢が広がる!

憧れのモデルルームで体感できるさまざまな仕様設備

部屋の広さや建具の色、設備の工夫などが確認できて、実際に住んだときのイメージが広がるモデルルーム。可動式の間仕切りでフレキシブルに使える間取り、ご生活がスタートしてからの設備仕様では、ディスポーザー、結露も紫外線も防ぐLow-Eガラス、簡易版の漏水感知器や、当社のこだわりである、壁が水濡れしないよう水まわりの天板を少し立ち上げた「三方立ち上がり」など、さまざまな仕様設備を体感してみましょう。

こだわりのポイントを細かくチェック!

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉では、お客様の視点で品と質にこだわっています。たとえば、「ジオフィット プラス」という仕組みを採用。ご入居者様をはじめとした多くの方の声を集め、ラボで検証し、実際のマンションの商品化につなげています。ユーザー目線を大事に商品づくりをしているこだわりのポイントをチェックしてください! マンションギャラリーへはご予約の上、お気軽にお越し下さい。建設現地や周辺の街の雰囲気もあわせてご覧いただけます。

イメージ画像

READ MORE

information

Recommend

「Geo Plat」とは、
阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉がお贈りする、
首都圏の街・住まい・暮らしの情報サイトです
新しい発見のヒントとなる地図(Plat)をコンセプトに、
皆さまの毎日を輝かせるアイデアを発信してまいります。

Close