geo

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉

  1. トップページ
  2. 2021年 関西圏マンションブランド別 中古マンション値上がり率

関西圏売主別中古マンション値上がり率ランキング(2021年)で<ジオ>の阪急阪神不動産が5年連続No.1となりました。

26万人が選んだ住まいサーフィン マンション値上がり率ランキング 関西圏 5年連続 第1位

2021年 関西圏売主別
中古マンション値上がり率

順位 売主名 物件数
(棟数)
事例数
(件)
平均
値上がり
1 阪急阪神
不動産
21 293 2.61%
2 三井不動産
レジデンシャル
15 260 2.46%
3 大和ハウス工業 17 249 2.43%
4 野村不動産 20 239 2.30%
5 睦備建設 16 202 2.22%
6 三菱地所レジデンス 20 182 1.63%
7 プレサンスコーポレーション 73 1,182 1.56%
8 日商エステム 23 444 1.10%
9 日本エスコン 17 161 1.09%
10 東急不動産 23 243 1.08%

出典「住まいサーフィン」

中古マンション値上がり率

新築販売時と中古売り出し時のマンション価格を比較し、価格が上がったか下がったかを%で表現したもので、マンションの資産価値を示しています。
計算式:中古値上がり率=中古売出価格/新築時価格/経過年数
※少数事例による誤差を抑制するため、総戸数10戸未満のマンションならびに事例数が5件未満のマンションは除外。発表は上記を満たすマンション数を関東圏20棟以上、関西圏15棟以上販売した売主上位10社のみを公表している。一部JV物件含む。

分譲実績

  • ジオ伊丹中央(2019年2月竣工)

    ジオ伊丹中央
    (2019年2月竣工)

  • ジオタワー南森町(2021年2月竣工)

    ジオタワー南森町
    (2021年2月竣工)

  • ジオ北千里藤白台(2021年3月竣工)

    ジオ北千里藤白台
    (2021年3月竣工)

  • ジオグランデ夙川相生町(2013年7月竣工)

    ジオグランデ夙川相生町
    (2013年7月竣工)

  • ジオ桂シェノン(2018年8月竣工)

    ジオ桂シェノン
    (2018年8月竣工)

  • ジオ神戸中山手通(2019年9月竣工)

    ジオ神戸中山手通
    (2019年9月竣工)

※中古騰落率ランキング データ作成方法
本調査は、2008年以降に竣工した関西圏の新築分譲マンションを対象に各住戸の新築分譲時の価格と、2020年10月から2021年6月までの間に中古マンションとして売り出された価格の値上がり率を算出し、2021年10月迄の経過年数で除算することで年間当たりの値上がり率を算出し、ランキングしています。
関西圏で15棟以上のサンプルがあるデベロッパーを対象としています。