<ジオチェック プラス>阪急阪神不動産の独自の品質管理システム

Rule

工事状況の管理

Construction Check

土工事・基礎工事から仕上工事まで、
住まいの基本性能にかかわる
「重点管理工事」において確認を実施

15の重点管理工事

イラスト
10

造作中(隠ぺい部)配管・配線確認

イメージ

工事の各段階で
工事状況を確認

工事の進捗に伴って、工事施工者、工事監理者、第三者検査機関による検査が何段階にもわたり行われます。これに加えて、当社では完成してからでは 確認できない「見えなくなるところ」の品質も十分にチェックするために、土工事・基礎工事から仕上工事までの各段階で、工事状況を確認します。

7

断熱確認

イメージ

住まいの基本性能にかかわる
15の工事を「重点管理工事」として設定

当社の豊富な実績やアフターサービス部門に寄せられたお客様の声を基に、安全に関わる構造体や、良好な生活環境・省エネにつながる断熱、日常メンテナンス・ 長期修繕を意識した配管の確認など、基本性能を確保するために特に重要な15の工事を「重点管理工事」として設定し、確認を行っています。

15の重点管理工事

  • 1

    地縄張りの確認

  • 2

    試験杭立会・
    支持層の確認

  • 3

    配筋確認

  • 4

    スリーブ・
    打込配管確認

  • 5

    脱型後
    打ち上がり確認

  • 6

    鉄筋かぶり厚さの
    非破壊確認

  • 7

    断熱確認

  • 8

    造作前先行配管・
    配線確認

  • 9

    造作確認

  • 10

    造作中(隠ぺい部)
    配管・配線確認

  • 11

    床暖房パネル
    敷設状況確認

  • 12

    外壁タイル下地確認

  • 13

    外壁タイル確認

  • 14

    防水下地確認

  • 15

    屋上水張り試験確認

※工事内容は物件によって異なる場合があります。状況に合わせて検査・立会確認の時期・範囲を選定し、適宜実施しています。 土工事・基礎工事 躯体工事 内装仕上工事 外装仕上工事