geo

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉

購⼊者の声

INTERVIEW

共用部の施設やサービスが
充実しているのは
戸建てにはない
マンションの魅力だと思います。

イメージ

エントランスを入るとすぐコンシェルジュサービスのカウンターがあります。エントランスロビーの天井の高さは5mもあります。※2019年11月撮影

共用部の施設やサービスが充実しているのも、このマンションの素晴らしいところだと思います。
ゲストルームがあるので、遠方の妻の両親も気兼ねなく来てくれます。入居してすぐの頃に幼稚園の運動会を見に来てもらいました。

イメージ

左:ゲストルームはお子さまの運動会の時にご両親が利用されたそう。「とてもきれいで旅館みたいだったと喜んでもらえました」※2019年11月撮影
右:西側スカイデッキ。「両親と一緒に上がり、神戸の街と海の景色を楽しんでもらうことができました」※2019年11月撮影

イメージ

エントランスガーデン。「それぞれの植物に名前が書いてあって、子どものいい勉強になると思います。四季折々の景色が楽しみです」
※2019年11月撮影

共働きの私たちにとって、ありがたいサービスがたくさんあります。エントランスのカウンターにはコンシェルジュの方がおられて、通るたびに挨拶してくださいます。子どもも、下校した時に声を掛けてもらえたら嬉しいでしょうね。365日24時間いつでもごみを出せるゴミドラムも本当に助かっていますし、荷物があると光で知らせてくれる宅配ボックスもよく利用していますよ。

駐車場は、ETCを利用してリモコン操作なしに入退場できるのが便利です。車を所有しているのでカーシェアは利用していませんが、電動アシスト付自転車のサイクルシェアは将来利用してみたいと思っています。

いいアイデアだなと思ったのは、スーツケースやキャンプ用品などめったに使わないものを入居者みんなでシェアする「ジオ シェア スタイル」。レンタルなら置き場所にも困りませんよね。それから、防災備蓄倉庫もあります。管理組合でも防災について話し合う機会が生まれ、一人ひとりの防災意識も高まるのではないでしょうか。

多くの人が一緒に住むことによって、大きなメリットが生まれる。これは戸建てにはないマンションの大きな魅力だと思います。

イメージ

エントランスガーデン。「それぞれの植物に名前が書いてあって、子どものいい勉強になると思います。四季折々の景色が楽しみです」
※2019年11月撮影

※2019年12月取材