geo

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉

購⼊者の声

INTERVIEW

広くて眺めのいいベランダで
娘はピクニックごっこを
楽しんでいます。

イメージ

リビングでくつろぐH様ご一家。ソファを窓際に置いて部屋を広く使っておられます。夫T様は、好きな映画を観るためスピーカーの配置にこだわられました。

イメージ

ベランダからの眺め。「私たちの実家がある淀川の花火も、神戸の花火も両方見られるんですよ」

近くにマンションは増えましたが、この部屋より高い建物は少なく、ベランダからの眺めは今もあまり変わりません。近くに京セラドーム、遠くに神戸の山並み、天気の良い日は明石海峡大橋も見えるんですよ。日没時には空が真っ赤に染まってとてもきれいです。外出自粛期間で出かけられない時も、娘はベランダで朝食を食べたり、シートを敷いてピクニックごっこをしたりして、気分転換しながら元気に過ごしていました。

イメージ

ベランダからの眺め。「私たちの実家がある淀川の花火も、神戸の花火も両方見られるんですよ」

和室を洋室に間取り変更して娘の遊び場にし、リビングとの扉は開けっ放しにして使っています。キッチンカウンター上部の吊戸棚もなくしたので空間全体が広く見えます。ものが増えないよう、収納家具は最小限に。本棚も置かず、本や資料類は廊下の物入に収納しています。

イメージ

左:和室を洋室に変更してお子様の遊び場に。「フローリングのクッション性が高いので、畳にしなくてもいいと思いました」
右:玄関の収納もたっぷり。「玄関収納の下に空間が作られているので、子どもの外遊びのおもちゃなどを置いています」。上がり框は上質感のある人造大理石。

キッチンの使い勝手もいいですよ。洗面洗濯室に直接行ける動線があるのは便利です。シンクにディスポーザーがあり、生ごみをすぐに処分できるので、キッチンはいつも清潔で、においを気にする必要もありません。敷地内に廃油回収BOX※があり、てんぷら油をいつでも捨てられるのもすごくありがたいです。

※「ジオフィットプラスエコ」の取組として、敷地内に使用済み植物油の回収BOXを設置。〈ジオ〉の入居者様にご協力いただき回収した油は、バイオディーゼル燃料に精製し、阪急バスの燃料として使われています。

イメージ

廊下からだけでなくキッチンからも洗面洗濯室に直接出入りできる2WAY動線がとても便利と妻T様。「夫が娘をお風呂に入れた時も、タオルを持ってサッと迎えにいくことができます。洗面洗濯室へは、ほとんどキッチンから行っていますね」

娘が寝た後にリビングで映画を観たりすることもあります。私たちにとってこの家は「楽しむ場所」というより「くつろぐ場所」という感覚です。娘は公園やキッズルームで遊び、お客様が来ればゲストルームへ。食事する場所もマンション周辺にたくさんあり、妻はベビーカーを押して福島から難波まで大阪の街中散歩を満喫。外で楽しんで、帰ればホッとする。そんな場所だと思っています。

イメージ

お子さまが寝た後はご夫婦の時間も。「このテーブルでくつろいでいることが多いですね」

※2020年6月取材