geo

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉

購⼊者の声

INTERVIEW

安心して子育てできる街で
光と風がたっぷり入る
家に住まう

Owner's Eyeメインイメージ

大きなソファを置いても余裕がある広さのリビング。テラスに面した窓からは光がたっぷり入ります。

オーナー
О様ご家族のプロフィール
ご夫妻と、小学校2年生、年長のお子様の4人暮らし。昨年、ご主人の赴任先だったアメリカのカリフォルニアから一家で帰国されました。

お子様たちにとっての環境を
第一に考えた住まい探し

赴任先のアメリカから帰国することになり、日本での住まいを検討されたО様ご家族。条件は、広い敷地に余裕をもって建てられた一軒家であること、そしてお子様たちの成長のための良い環境があることでした。特に、アメリカ生活で身につけたお子様たちの英語力維持を第一に考えて選ばれたのが、この〈ジオガーデン〉です。駅前にインターナショナル保育園があることが決め手になりました。

彩都について調べる中で阪急阪神不動産を知り、問い合わせをされた夫K様。〈ジオガーデン〉の分譲予定を聞いて興味を持たれました。「新しい街区なら同時期に入居するご家庭が多く、周囲ともなじみやすいと思ったんです。電話やメールで質問すると、時差もある中、いつもしっかりと対応してくださるので、安心してやりとりができました。仕事で一時帰国した時に現地を案内してもらったこともありましたよ」と振り返られます。

こうしたやりとりを経て、ご一家の帰国後に第一期分譲が開始。熱心にプランを検討された末、О様が選ばれたのが、今お住まいの区画です。「どのような家が建つかについては、図面だけでなく、壁や床を切り出したサンプルもたくさん見せていただいたので、とてもイメージしやすかったです。営業担当の方は、いつも子どもたちの相手もしてくださるので、子どもたちも会うたびに喜んでいましたね」。笑って話される様子から、住まい選びの過程をご家族全員で楽しんでおられたことがよくわかりました。

イメージ

左:キッチンは天井が高く、リビングとの空間の一体感、開放感もあります。朝食も奥行きのあるカウンターでとられるそうです。
中:キッチンカウンター横の壁はタイル貼りになっていて、お子様が作られた、可愛らしいこいのぼりの工作が飾られています。
右:「暗くなりがちな玄関にも窓があって明るいんですよ。収納もたっぷりあります」と妻S様。

イメージ

開口部が多く、たっぷり光が入るО様邸。リビング横の和室は、テーブルを置いてお子様が勉強をしたり、在宅勤務のデスクにしたり、フレキシブルに活用されています。

※2020年6月取材