geo

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉

購⼊者の声

INTERVIEW

家事の負担を軽減する設備を
活用してくつろぎの時間を

イメージ

リビングにつながる和室にはウッドカーペットを敷き、テーブルを置いて、お子様の宿題や夫K様の在宅勤務の場所に。

ご夫婦ともにフルタイム勤務のО様。宅配ポストや食器洗い乾燥機などの設備をフル活用しておられます。「浴室乾燥機や室内物干し金物もあり、雨でも洗濯物がたまらず助かります」と妻S様。リビングだけでなく、キッチンにも床下暖房があるのも嬉しいとおっしゃっています。

表のテラスに座って子どもたちが遊んでいるのを見るのが好きという夫K様。テラスでは、アメリカ生活で親しんでいたバーベキューも楽しんでおられます。妻S様は、家全体の明るさがお気に入りです。「窓が多いでしょう。キッチンにも窓があるので、子どもたちが外で遊んでいる様子も見えるんですよ。風もよく通るので、季節の良い時は窓を開け放し、リビングのソファでゆったりくつろいでいます。子どもたちも、気づけば大抵リビングにいますね」。

イメージ

左:2階の洋室にあるスキップロフトは、季節ものの飾りや大型のおもちゃの収納に利用されています。
右:室内物干し金物「ホスクリーン」。使用しない時は取り外せるので部屋はすっきり。

街全体の安全性、安心感を
高めるタウンセキュリティ

この〈ジオガーデン〉の街区では、専任スタッフによる巡回サービスに加え、セキュリティカーによる24時間巡回、街区入口の防犯カメラ、建物のホームセキュリティで街全体の安全性、安心感を高めています。妻S様もそこに安心を感じているお一人。「今、子ども同士で外で遊ぶ機会が少なくなったと言われますが、それは子どもの数が少なく、安全に遊べる場所もないからだと思います。ここは車の往来も少ないですし、同じような年齢のお子さんがいて、公園等で安心して遊ばせられるのがありがたいです」。夫K様も「セキュリティに『完璧』はないと思いますが、抑止効果は大きいのではないでしょうか」。

これまでお住まいだったカリフォルニアには電線がなかったので、今お住まいの街区も電線が埋設されていて電柱がないことを「素晴らしい」とおっしゃるご夫妻。散歩に出かける時も、さえぎるものが何もない、広々とした空と山のある風景を楽しんでおられます。「区画の分け方や各邸の外観デザイン、シンボルツリーがあり、街全体につながるような統一感のある植栽もすごくきれいだと感じています」。

気軽に自然とふれあって
家族の思い出を作りたい

キャンプやハイキングなど、自然の中に出かけることが好きというアクティブなО様ご一家。キャンプ用品は裏庭の物置スペースに収納されています。「気軽にアウトドアを楽しめるスポットが近くにたくさんあります。これからどんどん家族で出かけたいですね」。

妻S様は、新しい趣味の話をしてくださいました。「ここに暮らし始めてから家庭菜園を始めました。スイカ、ナス、トマト、パプリカ。土を触っていると無心になれるんです」。

忙しい日々の中、家はゆっくりくつろげる場所というご夫妻。「私たちはもちろん、子どもたちも、安心して遊べる公園があって、一緒に遊ぶ友達もいるこの街が大好きです」。
そう言ってお子様たちをご覧になる表情から、今の暮らしに心から満足されている様子がうかがえました。

【公式】阪急阪神のまち

イメージ

左:庭の水栓は丈夫なアルミ製。水受けは御影石で囲まれています。お子様たちも率先して庭の草木に水やりをしているそうです。
右:家庭菜園のプチトマト。「子どもたちにはそれぞれ自分の株を、責任を持って育てさせています」と妻S様。

※2020年6月取材