geo

阪急阪神不動産のマンション〈ジオ〉

ご購入者様の声

INTERVIEW

生まれ育った街、
住みやすい街で
多くの人に見守られて
子育てする幸せ

Owner's Eyeメインイメージ

リビング横の部屋は和室に変更されました。「実家にもありましたし、子育てにも和室は便利なんですよ」と妻S様。

オーナー
C様ご家族のプロフィール
ご夫婦と、5歳、2歳のお子様の4人暮らしです。穏やかな夫A様と、明るい妻S様は共働き。保育園への送迎などで協力しながら子育てをしておられます。

昔から住みやすかった地元が、
より魅力的な人気の街へ

阪急とJRの二駅が徒歩圏のこちらの〈ジオ〉。駅前の賑わいとは少し趣が異なる、閑静な住宅地であるこのエリアは、妻S様のご実家があるところです。結婚後、他の市に住んでおられたご夫婦ですが、いつかは住み慣れたこの街に戻って子育てがしたいという想いを温めてこられました。

ご実家のすぐ近くにマンションが建つと聞いてすぐに問い合わせをされた妻S様。「〈ジオ〉だと知ってすごく嬉しかったです。他の〈ジオ〉物件の印象から、必ずかっこいいマンションになると思いました」。子ども部屋として洋室が2つ確保できることを条件に、価格とのバランスを考えて今の部屋を購入されました。住まい選びに関しては妻S様に任せておられたという夫A様。信頼し合っておられる様子がうかがえます。

ご契約後は、「入居者様交流会」にも参加されました。妻S様は、「私たちと同じように、小さいお子さんを連れておられる方も多くて安心しました。他の入居者の方と一緒に考えるゲームなどで、お話しする機会を作っていただけたのもありがたかったですね」と振り返られます。

入居後、久しぶりに住むこの街の良さ、便利さを改めて感じたというC様。実は、妻S様の幼なじみ何人かも、今この街で子育て中なのだそうです。「昔から、スーパーも病院も近くに複数あって本当に住みやすいところでした。マンションからは武庫川も近く、自然にも恵まれています。駅前に阪急百貨店と大型商業施設ができたことで、より魅力を感じる方が増えたのでしょうね」。妻S様の言葉には、地元への愛があふれていました。

イメージ

左:落ち着いた雰囲気のエントランス。扉が開くと、正面に温かな色合いと繊細な表情の壁面アートが見えます。
右:エントランスホールの先にあるのは、ウッド調デッキと緑を備えたエレベーターホール。

イメージ

左:お子様たちはリビングでいつも遊んでおられます。「キッチンからも目が届いて安心です」。
右:リビング・ダイニングは、柱型が出ず家具を置きやすいアウトフレーム設計。和室のふすまを開ければすっきり広々とした空間に。

※2020年10月取材