ジオに住んで思うこと

いつも、家族を感じられる。
あたたかな陽光とやさしい空気、
しあわせな時間が息づく私邸。

Owner's storyメインイメージ
オーナー
Y様ご家族のプロフィール
1年3ヶ月前にこちらへ引越されたというY様ご家族。
ご夫婦ともに爽やかな笑顔と、かわいいお子様をみつめるやさしいまなざしが印象的でした。
イメージ

「こちらに引越してきたのは2015年3月頃のこと。その約1年後に子どもが生まれ、今ではすっかり子ども中心の生活になりました。
休日はほとんど一日中、リビング・ダイニングでゆっくりと過ごしています」。ジオグランデにお住まいのY様ご夫婦は、爽やかな陽光に包まれながらそんなふうにおっしゃいます。
角住戸のメリットを活かして二面開口を実現した空間には、あたたかな陽射しとともにやさしい空気が満ちていました。

イメージ

リビング・ダイニングだけでなく、主寝室や玄関にものびやかな広さを確保した角住戸。

間取りで気に入られているところを伺うと、「やはり広さでしょうか」とご主人はおっしゃいます。
「24帖超のリビング・ダイニングには、大きなカウチソファを置いても圧迫感を感じません。ダイニングテーブルの上のペンダントライトも、この広い空間のアクセントになり気に入っています。
また、キッチンまでひとつながりの空間になっていて、どこにいても家族の存在を感じられるところもいいですね」。
奥様も同感のようで、「お料理をしながらでも子どもの様子をうかがえるし、主人との会話もはずみます」とのこと。
静かな休日の昼下がり、こだわりのインテリアが華を添えるY様邸には、しあわせな団らんの時間が息づいていました。

イメージ

リビング・ダイニングだけでなく、主寝室や玄関にものびやかな広さを確保した角住戸。

イメージ

A. 栃の木の一枚板で造られたダイニングテーブルで、コーヒーをお供に会話を楽しむご夫婦。
B. 角住戸ならではのふんだんな採光と、ゆとりを感じる24帖超のリビング・ダイニング。
C. キッチンのキャビネットには、イタリアの家電ブランド「デロンギ」のコーヒーマシンが。ご夫婦ともにコーヒーにはこだわりをお持ちとのことです。
D. テレビ台の上には、木製のアニマルオブジェがずらり。やさしい風合いが、空間とマッチしています。
E. ゆったりと水槽内を泳ぐのは、浅黄(あさぎ)という品種の錦鯉。今はまだ幼魚ですが、年月とともに徐々に大きくなり、色彩も少しずつ変わっていくそうです。

※2016年6月撮影