ジオに住んで思うこと

光と風に愛される
見晴らしのいい暮らし

Owner's storyメインイメージ
オーナー
N様ご家族のプロフィール
60代のご夫婦の2人暮らし。お引越しするにあたって大切なものを残して家具などを大幅に処分されたという、すっきりと整理された住空間が印象的でした。

胸をすくような眺望が
視界いっぱいに広がるリビング

N様邸へご訪問したのは、よく晴れた日の昼下がり。リビングへ通されると、待っていたのは視界いっぱいに広がるすがすがしい眺望でした。「この住まいの見晴らしはほんとうに素晴らしいですね。市内の一戸建から引っ越してきた当初は、見晴らしが良すぎて少し寂しいところだなあと思っていたのですが、今ではとても気に入っています。近くの競技場で打ち上げられる花火もバルコニーから良く見えます。春になるとマンションそばの公園の満開のサクラも眺められて、四季を通じてきれいな風景を愉しむことができます」と、奥様は微笑みながら話します。

イメージ

また、ご主人も「実はこちらの他にもう一つ検討していたマンションもあったのですが、この眺望と開放感がいちばんの決め手になりました」とおっしゃいます。「南向きで天井も高いから、陽当たりがとても良く、光がたっぷりと入ってあたたかな陽だまりができるんです。おかげで、冬にエアコンをつけることが少なくなりました。また、高い建物が周りにほとんどないため風通しも良くて、夏は窓を開ければ涼しく爽やかな風がすーっと通り抜けます」。
ご主人が病気を患い、歩くことが少し困難になったため、新しい住まい探しを始められたというN様ご夫婦ですが、新生活を始めて2年が経った現在では、マンションならではの暮らし心地にとても満足されているようでした。

イメージ

A. 窓から明るい光がたっぷりと降り注ぐリビング。大人2人の暮らしに相応しい、ゆったりと落ち着いた空気が流れていました。
B. バルコニーの先に広がるのは、どこまでも続いていく空とすがすがしい眺望。満開の桜や花火など、季節の風物詩を眺めるのも愉しみだとおっしゃいます。
C. ダイニングのそばに置かれたキャビネットの上には、シルバーサークルの先輩がつくったという「竜の立体パズル」が飾られていました。
D. 「鯉の切り絵」は、以前のお住まいのご近所さんから譲られたもの。家具などを譲ったお礼にいただいたそうです。

充実の収納スペースと結露を防ぐ
優れた断熱性もお気に入り

イメージ

採光と通風に恵まれた伸びやかな南向きの3LDK。
「夫婦2人暮らしにちょうどいい広さです。
玄関に至るまでほぼフラットでつまずきにくいところも、
私たちにぴったりです」と奥様。

お住まいで気に入っているところを伺うと、奥様は「収納が充実しているところ」だとおっしゃいます。「旧居には長年住んでいた上、広い一戸建だったこともあり、家具やインテリアが大量にあったんです。こちらへ引越すにあたり、このマンションの販売センターでやっていた整理収納のセミナーに参加して全体の4分の3程を処分したものの、それでもまだまだたくさんあって……。でも、この住まいには収納が多く設けられているから、すっきりと片付けることができています」。
また、断熱性能の良さにも感心されています。「複層ガラスの効果でしょうか、室内外の温度はかなり違うはずなのに、夏も冬もほとんど結露が出ないんです。お掃除の手間が省けるし、カビなどが発生する心配もないし、何より心地良く過ごせるところがいいですね。あと、『エネファーム』が設置されているおかげか、月々の光熱費はかなり低めに抑えられています」。心地よく暮らしながら、優れたエコ性能も実感されているとのことでした。

※2017年11月撮影