Loading...

ジオ京都御所北

新発表

ロケーション・アクセス

京都千二百余年、
積み重ねてきた地の記憶。
この地の記憶は、室町時代に建立された相国寺の七重大塔まで遡ることができる。
かの「洛中洛外図」は、七重大塔から京の街を見下ろした景色とも言われる。その後この界隈は広大な寺町となり、雪舟や周文などの画僧を数多く輩出している。
相国寺と関連深い北山・東山文化も、五山文学も、京都ならではの路地文化も、この界隈が成り立ちの礎につながっているという。
  • image photo
  • image photo
  • image photo

すべてimage photo

京都御苑

京都御苑は、9カ所の門によって内と外とが結ばれている。
御門をくぐるとその先にあるのは、時の流れが止まったかのような空気感。その感覚は深く、静寂で厳か。
空と緑の大きさが、心を落ち着かせてくれる。

image photo

鴨 川

人々が集う河川敷、風情を楽しむ川床。
高野川と賀茂川との合流地点ではさらに開放感が高まり、人々の憩いの場が形成される。
様々な四季の彩りが鴨川の景色をさらに際立たせてくれる。

相国寺

相国寺は足利義満により創建された寺院で、金閣寺や銀閣寺の本山である。
金閣寺は北山文化の、銀閣寺は東山文化の祖。
日本水墨画のはじまりとされる五山文学との関わりも深く、相国寺承天閣美術館には名だたる美術・工芸品が収められている。

下鴨神社

下鴨神社のはじまりは日本書紀に記される。
五月の葵祭も続日本紀にその様子が描かれ、源氏物語や枕草子などの平安王朝文学にもしばしば登場する。
厳かで壮麗な趣を纏う社殿と境内は、世界文化遺産に登録されている。

今出川通

京都大学と同志社大学。ふたつの大学をつなぐ今出川通。
さらに、緩やかな時を紡ぐ京都御苑がこの通りに寄り添う。
平安と明治という時代が共演しているのはこの街ならではの風景だろう。

大文字

東山如意ヶ嶽の大文字は、相国寺の正面を向くように描かれたという説がある。
大文字、妙法、船形、左大文字に囲まれながら過ごす日常は、京に暮らす醍醐味なのかもしれない。

暮らしのフットワークと
心地よい利便性。
最寄り駅である地下鉄「今出川」駅からは、「四条」駅へ6分、「京都」駅へ10分。
大阪方面はもとより、新幹線への乗り継ぎもスムーズ。
また始発駅でもある京阪電鉄「出町柳」駅からは大阪の中心部へ快適にアクセス。
  • image photo
    「京都」駅周辺image photo
  • image photo
    四条烏丸周辺image photo
  • image photo
    「祇園四条」駅周辺image photo
路線図
京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅徒歩11分、京阪電鉄鴨東線「出町柳」駅徒歩10分。京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅より「四条」駅へ6分、「京都」駅へ10分。京阪電鉄鴨東線「出町柳」駅より「三条」駅へ3分、「祇園四条」駅へ5分※特急利用
上京区 御所北 エリアガイド
会員限定WEBサロンでは、
本物件販売担当による「周辺環境、交通アクセス」解説動画などを公開中です。
会員登録の上、こちらも是非、ご覧下さいませ。
会員登録はこちら
※掲載の現地周辺航空写真(2019年9月撮影)はCG処理を施したもので実際とは異なります。また、現地光柱は実際の高さ・規模を表すものではありません。
※掲載の環境写真は2019年4月・10月・11月、2020年3月に撮影したものです。
※距離は現地からの地図上の概測で、徒歩分数は80mを1分として計算したものです。
※電車による所要時間は日中平常時のもので、乗り換え・待ち時間は含んでおりません。また、時間により異なります。(2020年5月時点)