1. トップページ
  2. ジオを知る
  3. グッドデザイン賞受賞

AWARDSグッドデザイン賞受賞

メイン画像

GOOD DESIGN AWARDSグッドデザイン賞

グッドデザイン賞 受賞

土地の景観や環境を活かした住まいを提供する <ジオ> 。
暮らしや社会を豊かにするデザインとして評価を受け、「グッドデザイン賞」を受賞いたしました。

『ジオ四谷荒木町』は集合住宅部⾨での受賞、『まちづくり憲章のあるニュータウン[彩都]』は地域・コミュニティづくり部⾨での受賞であり、いずれも街づくり及びコミュニティづくりという当社が長年取り組んできた活動に対する受賞となります。

グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。
デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開されており、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。

LATEST AWARDS最新受賞物件

2018年受賞

  • ジオ四谷荒木町

    ジオ四谷荒木町

    事業主体  /  阪急阪神不動産株式会社

    ● 概要
    『ジオ四谷荒木町』の設計に際しては、地域のシンボル的存在として愛され、新宿区の保護樹木に指定された「大銀杏の木」と、敷地の東西を縦断する「貫通通路」を生かし、江戸時代から続くこの土地のコンテクストを継承することを意識しました。
    また、再開発の進む「四ツ谷」駅から三栄通りに至る路の受けとなる丁字路の交差点部に、「2層吹抜エントランスホール」を配し、大銀杏の背景にはガラス面が印象的なファサードとし、新旧が交差する象徴的な「三位一体」のデザインを創出、ランドマーク性を演出しました。
    ● 評価ポイント
    大銀杏を継承し、その樹木を手掛かりに敷地内通路や、ラウンジを街のコーナーにデザインしている。
    継承と現代的なデザインが街並みとして生まれていることを評価した。
  • まちづくり憲章のあるニュータウン「彩都」

    まちづくり憲章のあるニュータウン「彩都」

    事業主体  /  阪急阪神不動産株式会社
    彩都西小学校区まちづくり推進協議会
    一般社団法人コミュニティ彩都

    ● 概要
    『まちづくり憲章のあるニュータウン[彩都]』は、当社が開発主体となって、2004 年4月に、緑豊かな自然環境を生かした「国際文化公園都市」として誕生しました。
    「彩都」では、街びらきの当初は開発者が中心となり、以後は開発者と自治会とが緩やかな連携を図りながら、次第に住民が街に愛着を持って、自らが街をよくしていきたいという想いが生まれるようなコミュニティ支援の実現を目指して、街の付加価値向上とブランド向上に取り組んできました。
    マンション住民のみならず、戸建住民もマンションのコミュニティルームやキッチンスペースを相互利用できるルールを考案し、住民の活動をサポートするなど、コミュニティ形成のための取り組みを行ってきました。
    ● 評価ポイント
    自治会ができることと開発者ができることを、それぞれがうまく分担しながらしなやかなまちづくりを行っている。共用施設の貸し出しなどはその例で、興味深い。開発者は、地域コミュニティの走り出しを支援することで、主体的に運営できる人や組織を育て、住民が自走できるように引き継ぎつつある。
    住宅地には長期的な視点が不可欠である。過去のニュータウンの成功や失敗に学び、人口減少時代のニュータウン開発として、今後も持続可能なまちづくりを期待したい。

AWARD RECORDS他年度受賞物件のご紹介

2017年度受賞

2015年度受賞

2014年度受賞

2013年度受賞

2012年度受賞

2011年度受賞

2010年度受賞